【今週のZINE】“90sリバイバル”に読みたい。グランジ&フェミニズムな青春映画を詰め込んだファン・ジン『Touch Me I’m Dick』

Share
Tweet

ここ最近、「90年代リバイバル」をよく聞くようになった。ポケモンにプリクラ、“アムラー”や“シノラー”。バブルが崩壊した90年代のニッポンでは、さまざまなポップカルチャーが時代を盛りあげようかのごとく生まれた。

grungezine

 一方、海を隔てたアメリカの90年代といえば、ニルヴァーナを教祖として世界を席巻した「グランジ・ロック」や、女性パンクバンドたちが引っ張ったフェミニズム・ムーブメント「Riot Girrrl (ライオット・ガール)」。“ザ・商業主義”でMTV一色だった80年代を真っ向から批判するように、ワシントン州シアトルなどを中心に急進的な若者たちが台頭した時代だった。

 その90年代のグランジ&サブカルチャーの雰囲気をたっぷり吸いこんだのが、『Touch Me I’m Dick(タッチ・ミー・アイム・ディック)』。グランジカルチャーと平行して誕生した当時の青春映画を紹介するファン・ジンだ。

grungezine-2
grungezine-4

 

 表紙を飾るのは、ロン毛が時代を感じさせる俳優のマット・ディロン。グランジが生まれたシアトルを舞台に名監督キャメロン・クロウが描いたラブコメディ『シングルス』でのワンシーンだ。

grungezine-6
grungezine-3

 誌面では、映画『アウトサイダー』や『ランブルフィッシュ』、『ドラッグストアカウボーイ』など粗野な不良少年を演じさせたら右に出る者はいないであろうディロンの魅力や、90年代を代表する女優ウィノナ・ライダー(『シザーハンズ』でもおなじみ)主演の青春群像映画『リアリティ・バイツ』などを紹介。
 あの頃のファッションだったり、登場人物が着ているバンドTシャツ、それから髪型だったり、映画のスチール写真を見ているだけで楽しめる。

grungezine-7
grungezine-8
grungezine-10

 90年代を彩ったあの人・あの映画が盛りだくさんのファン・ジン。90年代好きはもちろんのこと、当時を覚えていない人や生まれてすらいなかった人にもきっとおもしろい。「90sリバイバル」のいま、カセットテープやハイウエストジーンズなど“見てくれ”だけでナインティーズを模倣するのではなく、サブカルの真髄を感じてみよう。

Touch Me I’m Dick

—————
All images via Touch Me I’m Dick
Text by Shimpei Nakagawa
Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load