【今週のZINE】ハリウッド映画に中指立て続け30年!全米の映画オタクが愛する・伝説のインディー映画ファン・ジン『Film Threat』が帰ってくる!

Share
Tweet

30年ものあいだ、ハリウッド映画に中指を立て続け(愉快に)、全米のインディー映画オタクに愛されてきた伝説のファン・ジンがある。

制作は1985年からで、当時いち高校生であったChris Gore(クリス・ゴア)が作り手の『Film Threat(フィルム・スレット)』。

08aecbe320683a624cf13e612932b6cb_original

 80年代といえばプリンターが普及しはじめた時代で、ジンの黎明期。音楽やスケートジンが巷で出回るなか、無類の映画少年だったクリスはメインストリームからまともな扱いをされないインディー映画をフィーチャーするジンを作り上げた。
 誌面では、クエンティン・タランティーノやスパイク・リー、コーエン兄弟、ガス・ヴァン・サントなど、いまではすっかりアカデミー賞常連となった監督たちのインディー時代の足跡が見て取れる。

f373055ade3b5802114f7ed17e141a26_original

5fd8e99e367fc3075fb0ff8d90ff6c33_original

 知る人ぞ知る『フィルム・スレット』だが、この度、2010年よりちょっと長すぎた息抜きを経てカムバックする。しかも、アプリやポッドキャストを携えパワーアップして、だ。

 クリス曰く、「ソーシャルメディアがあるいまは、インディーフィルムにとっての新たなゴールデンエイジ」なのだとか。

91e804e463b023b6660249adc5c3cc88_original

 クラウドファンディングによって誰でも映画制作資金集めができるようになり、より多くのインディーフィルムメーカーが生まれてくる。となれば同時に必要なのは新たなインディー映画が育つ土壌。インディー映画を支え続けその歴史を語り継ぐ、こういうジンみたいなものが必要なのだ。

 インディー映画へのアツい思いからジンを生み出したクリス少年は30年経ったいま、あの頃の思いとアティチュードそのままで、もう一度甦らせる。次世代の鬼才は新生・『フィルム・スレット』から生まれるかもしれないので、要チェックだ。
 
Film Threat

—————
All images via Chris Gore
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load