クリスマス、財布から羽ばたくブレッド(bread)たち…。“3時のおやつ”のもう一つの意味 / Urban English

Share
Tweet

上司に「brownie points(ブラウニー・ポインツ)」で“金魚の糞”と呼ばれないように。今週は「お菓子」な英語を4つお届け。

第1問
brownie points (ブラウニー・ポインツ)

1. 大失点
2. チャーミングポイント
3. ご機嫌取り

shutterstock_227103154

正解は、3「ご機嫌取り」

Bryan is very good at earning brownie points. He might get promotion.
ブライアンって本当にご機嫌取るのがうまいよな。昇進も有り得るかも。

第2問
bread (ブレッド)

1. お金
2. 本
3. 洋服

shutterstock_520441819

正解は、1「お金」

I have to earn bread until Christmas seriously! I already reserved three-star restaurant for my girlfriend.
クリスマスまでに真剣にお金を稼がなきゃ!彼女のためにもう三つ星レストランを予約しちゃったんだよ。

第3問
cakebag(ケイク・バッグ)

1. 小さな
2. たくさんの
3. 大きな

shutterstock_447249985

正解は、2「たくさんの」

My mom made a cakebag of frided chicken. It’s going to be my one week meal.
お母さんが山盛りのフライドチキンを作っちゃったんだよね。一週間分のご飯になりそう。

第4問
pie bottom(パイ・ボトム)

1. むくんだ足
2. ペタンコのお尻
3. くびれ

shutterstock_270137951

正解は、2「ペタンコのお尻」

I do squatting every day because my butt is pie bottom.
私、ペタンコなお尻してるから毎日スクワットしてるんだ。

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load