「ブロックで救え!」紛争に荒れた崩壊のガザ地区、一人のミレニアル女子が作る希望の素材とは?

Share
Tweet

イスラエルとパレスチナ。昨年12月、国連安保理でイスラエルと友好関係にあるアメリカが、イスラエルのパレスチナ入植に非難決議を出したことでも話題となった両地域だ。

数十年にわたる紛争、イスラエル軍の空爆でパレスチナ暫定自治区・ガザ地区の建物は崩壊している。終わらぬ争いに、見えぬ未来。そんな混沌が続く中、紛争で破壊され続ける故郷を建て直そうと、“サステナビリティ”で挑戦する若き女性がいた。

IMG_8629

 彼女は、ガザ地区で生まれ育ったMajd Mashharawi(マジッド・マシュハラウィ)。23歳の土木技師マジッドが開発したのは、家などの再建に役立つ資材ブロック「GreenCake blocks(グリーン・ケーク・ブロックス)」。ゴミ箱行きの灰をリサイクルして作り出しているのだ。

unspecified

FO2A9428

「ガザ地区では、焼き物作りなどで熱を起こす場合、炭や木を燃します。その結果、週に出る灰はなんと7トン。環境に非常に悪いのです」

unspecified-2

 さらに現地ではセメントが高価なため、出回っている資材ブロックは質が悪い上に高い。

「廃棄される大量の灰と環境汚染・もろく高価な資材ブロック・崩壊した建物」。廃棄される灰をリサイクルすればゴミも出ず、また高価な資材を消費する必要もない。安価でサステナブルな素材で崩壊した建物を直せる。
 頑丈で軽く、ローコストなエコブロックを使うことは、3つの問題の解決策になる。

unspecified-1
スクリーンショット 2017-01-23 12.33.50
IMG_8750

 また、女性が理系キャリアに進むことにまだ偏見のある保守的なコミュニティや文化を変えていきたいとも語るマジッド。
 紛争地帯で一人立ち上がる女子のパワーは環境汚染や女性へのステレオタイプを壊し、サステナブルな街を新たに作り出している。

IMG_8747

Greencake blocks

—————
All images via GreenCake blocks
Text by Risa Akita

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load