次のリラックスドリンクは飲めるマリファナ?オーガニックジュースブランドの新プロダクトは「マリファナ・ミルク」

Share
Tweet

依然として沸き立つマリファナビジネス、そして湯水のごとく生まれるマリファナ関連プロダクト。またかよ、なんて言わないで。今回のマリファナ関連プロダクトは、別のブームとコラボレーション? 飲めるマリファナ「マリファナ・ミルク」の登場だ。

 ミルク・ビジネスといえば、クラフト・ミルクブーム1本2000円でも売れるキャメル・ミルク(ラクダのミルク)の登場など元気いっぱいのビジネス。今回のマリファナ・ミルクは、昨今沸き立つミルクファン、それからヘルスコンシャスなジュースファン(主にコールドプレスジュースなど)に訴求すべく作られた新ドリンク。ミルクもジュースもトレンド、そのトレンドに掛け合わせることでマリファナをライフスタイルの一部に自然と溶け込ませようとしているわけだ。そのプロダクトのみてくれ、誰もマリファナプロダクトだとは思わない。洒落っ気たっぷり、インスタにあげても「何それ超怪しい…」なんてことにはならない。

4
コレだ。

「私どものドリンクはすべてコールドプレスで、植物由来、グルテンフリーかつ、低温殺菌は加えていない100パーセントオーガニック、とってもヘルシーでおいしいですよ」と銘打つのが、現在パリとドバイにお店を構える(ニューヨークにも近々オープン予定)オーガニックコールドプレスジュースブランド「ワイルド・アンド・ムーン(WILD&MOON)」。都会暮らしのヘルスコンシャスピープルの心をがっつり掴んで離さない同ブランドの新メニュー「ハリウィード(Hollyweed)」こそがマリファナ・ミルクなのだ。

1
6

 ヘルシードリンクのブランドなので「飲めば恍惚と…」なんてことにはならないので悪しからず(?)。酩酊成分であるTHC成分を含まず、安らぎや落ち着きを与え、睡眠促進作用があるCBD成分*のみを使用。カシューミルクをベースに、オレンジの皮、オレンジの花、バニラフレーバー、ココナッツオイル、メープルシロップに、“一掴みのCBDパウダー”で作られる。濃厚で程よい甘さのあじわいで現在ベストセラーの一つだとか(!)。ちなみに、お値段は一本5.5ユーロ(約710円)。

*CBDは医療目的に使われる薬効成分。作用として痛みや嘔吐を緩和しホルモンの分泌や睡眠促進。癌(がん)患者の治療にも使われる。

 リラックスするだけでなく、ストレスも緩和し、寝つきもよくしてくれるとか。眠れない夜にホットミルクではなく、ハリウィードなんてのもありかも?

2

*1€=129円で換算

▶︎オススメ記事

「マリファナ界の“アマゾン・ドット・コム”」誕生。反大麻・トランプ政権の2017年もますます勢いづく、カンナビスビジネス最前線

「バックパッカー、ゴミ拾い全米横断」!3500kmの道中500キロのゴミ拾い

▶︎▶︎週間トップ人気記事

「このビルではすべての金銭取引はビットコインで」バーで換金可能になった仮想通貨、給与支払いも。さらに身近な存在になるか?

「ブランドの熱意とストーリー。それ一体いくらなの?」次の透明性は“価格”。コスト内訳を公開するブランドが増加

———
Images via Wild & Moon
Text by Shimpei Nakagawa edited by HEAPS
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load