晴れの日に引きこもり、勝手に人のご飯を食べた…「私の小さな懺悔」で埋め尽くしたジン『Things I Feel Guilty For』

Share
Tweet

年もすっかり明けました。2018年の抱負、と2017年をふりかえってみる。ああ、あの時あんなしょうもない嘘ついたっけ。やるやる詐欺のやり残し課題あったな…。人生を左右する大きな後悔から毎日の小さな罪悪感を繰り返し。“後悔のないように生きる”とは、言葉にするよりはるかに難しい…というか、そんなのほんとにあるの?

il_fullxfull.1219084554_5qh8

 やってしまった罪悪感・やらなかった後悔にウジウジする人に、「F*** Feeling Guilty!(罪悪感なんて、クソくらえ!)」と威勢よくぶっ放すジンがある。『Things I Feel Guilty For(シングス・アイ・フィール・ギルティ・フォー:後悔してること)』には、オーストラリア在住の大学生デジレーちゃんのやっちまった談が、なぐり書き(失礼)でメモされている。

「気持ちのいい晴れの日なのに、一日中家に引きこもっていた」
「人のご飯、食べちゃった(え?)」
「レストランで食べ残し。フードウェイスト」
「ホームレスに十分お金を恵んであげなかった」
「チキンを食ってしまった(ええ?)」

Guilty.Zine.2
Guilty.Zine.1
il_fullxfull.1266311499_or9b

 共感できる罪悪感もあれば、ちょっと意味不明な後悔も。そんな彼女の目下の罪悪感は「愛犬タイタンのことかな。家には大きな庭もないから、タイタンは思いっきり走りまわれないし、毎日2回は散歩にいけなきゃいけないのに、実際行かれてない…。退屈して鬱みたいになってないといいけど」

 今年は愛犬の散歩、一日2回行けるか、デジレーちゃん!? まあ他人の心配するより、筆者もまずは2017年の小さな懺悔たちと向き合いつつ…自分の2018年を考えてみよう。

Things I Feel Guilty For

—————
All images via Desiree Tahiri
Text by HEAPS, Editorial Assistant: Tomomi Inoue
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load