【今週のZINE】パーティーでハイなあの子は何を口走る? 珍ワード炸裂のドキュメント・ジン『Stonerquotes』

Share
Tweet

お酒を飲むと疲れやストレスに凝り固まった心もほぐれ、気持ちもふわふわ。陽気になったり、突飛なこと口走ったり、「毛頭記憶にもございません」な失敗談が生まれたり。皆さん、生きているからにはそんな経験、山ほどありますよね。

cover_stoner
Image via Eli Adams

 イリノイ州在住の女の子、Eli Adams(エリ・アダムス)から送られてきた小さな冊子『Stonerquotes(ストーナー・クオーツ)』。これは、お酒ではなく「マリファナ」でハイになっちゃった友だちの珍発言を、エリがメモしたジンだ。
 ちなみに、「stoner(ストーナー)」とは、マリファナで、いわゆるハイになった状態の人のこと。

1

 中を覗くと、クスッとしちゃうヘンテコ発言がいっぱい。

2

I fucking love COLORADO.
「私はコロラド(マリファナの所持・娯楽使用が合法化されている州)を愛しているわ」

I am bursting with creativity right now.
「いま、クリエイティビティが一杯ではちきれそう」

I wonder how they make milk.
「疑問なんだけど、ミルクってどうやって作られているのかな」

3
I JUST THREW UNIVERSES AT YOU.
「あなた目がけていま、ちょうど宇宙を投げました」

4
Mcdonald’s should make pizza.
「マクドナルドはピザを作るべきだね」

 その意味不明発言、シラフが見ればまー面白い。

 また、このジンは一枚の紙に切り込みを入れ折っただけの、手のひらに収まる小さな小さなサイズのもの。日本で大麻はNGだが、緑色した小さなこのジンなら気軽に手に取ってOKだ。

5
6
7
8

 突飛な言動も失敗談も、後になれば笑い話に。そんな笑い話を集めた『ストーナー・クオーツ』を酒の肴に、今夜も失敗談を作ってみてはいかがだろうか。 

Stoner Quotes

—————
Text by Shimpei Nakagawa

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load