【今週のZINE】ドラムキットに隠れた“愛されビートル”、リンゴ・スターのことがきっともっと好きになる。ファンジン『Ringo Starr Unofficial Fan Zine』

Share
Tweet

「リンゴ・スター」という名前をはじめて聞いたときどことない親しみを覚えたのは、日本人だからか。“りんご”のせいだ。

ジョン・レノンとポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンという大きな影に隠れて子犬みたいな顔でドラムを叩く“ビートル”、リンゴ・スター。みんな名前は知っているのに、どんな人なのかはビートルマニアでない限りあまり知らない。好きなビートルはと聞かれて「リンゴ」と答える人は結構レアだ。

RingoCover

 そのリンゴが、実は思っている以上に魅力的だと教えてくれるのが、丸ごと一冊リンゴのジン『Ringo Starr Unofficial Fan Zine(リンゴ・スター・アンオフィシャル・ファン・ジン)』。ベルリンに住むビートルマニアのコミックアーティストカップル、リズとウィルムが手作りした。

 彼らが「非公式だけど“真の”リンゴのファンジン」と謳う誌面には、

知っておきたいリンゴのこと

ringofacts
ringofacts2
たとえば、彼には“Ringo-ism(リンゴ語)”という独特の言い回しがあること。ビートルズの代表曲“A Hard Day’s Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)”や“Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)”、“Tomorrow Never Knows(トゥモロー・ネバー・ノウズ)”などもリンゴ語。これら、文法的には正しくない。

ビートルズ時代のエピソード漫画

RingoComicPage1
ドラムスキルに自信をなくし、他のメンバーから疎外されていると感じ「脱退したい… 」とジョンに相談。
するとジョンは「なんだ仲間外れにされているのは俺だと思ったよ」。

切り抜いて使える特製リンゴポストカード

RingoDrums
冊子に差し込んである付録。

「ドラムは目立つべきでない」と考え控えめながら、ミュージシャン仲間から賞賛された。出没スポットのツイッターには、トレードマークのピースサイン写真でいつも笑顔。1973年リリースのアルバム『リンゴ』には、ビートルズ解散後に唯一、ジョン、ポール、ジョージとビートルズメンバーみんなが集まった。ドラムキットの影に隠れた“愛されビートル”・リンゴ、ジンを読み終えた後には「好きなビートルはリンゴ」と言う自分がいるかも。

Ringo Starr Unofficial Fan Zine

—————
All images via Ringo Starr Unofficial Fan Zine
Text by Risa Akita
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load