DAILY
  •      
  • Mar 17, 2017
【今週のZINE】ブリットポップのボス、我らが「Oasis(オアシス)」。ロックンロールな彼らに捧げられたファン垂涎もののジン『Oasis Band Magazine』
Pocket

1991年、英・マンチェスターに“ワーキングクラスヒーロー”が誕生した。

ビートルズを崇め、ビッグマウスなボーカルとギターのリアム&ノエル・ギャラガー兄弟は愛憎劇を繰り広げ、野外フェスでは2日間で25万人を動員する。それでいてシンガロング必須のキラーチューン、涙腺を直撃するような泣きメロ、琴線に触れるギター旋律のオンパレード。天才的なメロディメーカーの彼らは、我らがロックンロールバンド「Oasis(オアシス)」。

15994897_1727648817564183_4084093660179656155_o

 その昔、“工業都市から這いあがってきた労働者階級オアシス vs. 洗練されたロンドンの中産階級ブラー”のブリットポップ合戦でも有名で、日本でもその人気は根強い。『Wonderwall(ワンダーウォール)』『Live Forever(リブ・フォーエヴァー)』、『Don’t Look Back In Anger(ドント・ルック・バック・イン・アンガー)』といった名曲は誰しもが一度は耳にしたことがあるはずだ。

 今回紹介するのは、「ファンに名盤一枚いちまいのノスタルジアを」と作られた『Oasis Band Magazine(オアシス・バンド・マガジン)』。

il_570xN.980230262_gmli

 作者は“オアシスの故郷マンチェスターから車で30分”のリバプール出身でグラフィックアーティストのライアン・ジェイムス・ウィルソン(Ryan James Wilson)。「幼い頃から父親のカーステレオでオアシスを聴いていた」という根っからのオアシスファンだ。

il_570xN.980230204_51pd

 誌面では見開きごとに、写真と文字のコラージュで名盤たちを紹介。
 伝説のデビューアルバムで荒削りのロックンロールな『Definitely Maybe(デフィニトリー・メイビー)』からメロディアスな『Be Here Now(ビー・ヒア・ナウ)』、『(What’s the Story) Morning Glory(モーニング・グローリー)』を経て、解散直前リリースの『Dig Out Your Soul(ディグ・アウト・ユア・ソウル)』。各盤の雰囲気に合わせたデザインがファンの心をくすぐる。

16107235_1727648724230859_5042187641880395726_o
il_570xN.980230352_op37
15994893_1727648844230847_7017957694960009814_o
16143490_1727648754230856_671293799363612799_o
il_570xN.980230602_9c7d

 昨年オアシスのドキュメンタリー映画『Supersonic(スーパーソニック)』が日本でも公開された。マンチェスターの公営団地で育った兄弟が誓い、果たした「I’m a rock ‘n’ roll star(アイム・ア・ロックンロールスター)」の20年。レコードストアにでも行って、彼らの名盤を引っ張りだしてみたくなる。

Oasis Band Magazine

Ryan James Wilson
FB/Twitter/Instagram

▶︎オススメ記事

英・最重要カウンターカルチャー「レイブ」。音楽に溺れ、自由を求め抵抗した90年代の若者たち。写真集『Exist to Resist』

レトロ、ポップ、パワフル! 60年代ガール・グループの魅力ぎっしり、クラシカル・イラストレーションジン『Girl Groups of The Sixties』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

メキシコの太陽に抱かれて。「デヴィッド・ボウイ、音楽を忘れた3日間」未公開プライベート写真でたどるその素顔

現役スカイダイバー、空飛ぶおばあちゃん(84)は、青春よりセックスより「いまが人生一番たのしい!」

—————
All images via Ryan James Wilson
Text by Risa Akita
Edited by HEAPS

Pocket

eye2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...