意気込んだけど結局「家でごろごろ」新しい仕事に友だち作り…うまくいかない新生活『Bad New Days』

Share
Tweet

日本でいえば春、米国でいえばちょうど今頃スタートする「新生活」。新しい街にお引っ越し、ぐっと増える“はじめまして”の挨拶。見るものすべてが新鮮で楽しい一方、家族や友人との別れも相まってか、気づかぬうちに気持ちは一杯一杯、なんてことも。

icm_fullxfull.133770247_40k1ikv8p1wk4s8g40sc-1

 新生活をスタートしたばかりの期待と不安で忙しなく揺れる、ある女の子の心の動きがありありと滲みでたパーソナルなジンがある。『Bad New Days(バッド・ニュー・デイズ)』。“Good Old Days(古き良き時代)”に掛けた、ユーモラスで心地いい一冊だ。

il_570xN.1267584238_4qga

 ことのはじまりは、大学を卒業した作者の女の子ゾーイが、就職のため家族や友人から離れ新たな街ではじめたニューデイズ。「新しい街をいろいろ探索してみるぞー、新しい友だちいっぱい作るぞー」と意気込んだのも束の間、実際は「家から一歩も外に出ず、ごろごろしながらテレビを見ていたい…」。それ私の昔だ(あるいは、未だに…)、と身に覚えのある人も少なくないはず。
 
このジンは“新生活への手引き”というよりは、慣れない仕事や上手に友だちづくりができない自分に対する不満に満ちたもの。だから決して“お手本にしちゃダメな”手引きね」。友だちのつくり方ややることリストなどが、作者独自の視点で綴られる。メランコリックな気持ちを下敷きにしているに、トゲトゲしさが微塵も感じられないのは、シュールなイラストのおかげ?

icm_fullxfull.133770315_a1r0h46ntzk80o48cwkk
icm_fullxfull.133770399_fg3h27xfzxw8s8o8oc8w
il_570xN.1267583170_nwah
il_570xN.1314817103_af1c

あの新生活時代は良いものだった、なんてこれっぽっちも思わないけど、いまになって振りかえってみればそんなに悪いものでもなかったかも」。『バッド・ニュー・デイズ』は、新生活の中で気づかぬうちに入ってしまった肩の荷を、スッとおろしてくれるようなジンだ。

Bad New Days

—————
All images via Bad New Days
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load