さらばオバマ!彼の口癖「wee-wee’d up(ウィー・ウィード・アップ)」ってなんて意味?/ Urban English

Share
Tweet

世界中が注目する大統領選ももう間近。知っていると楽しめる、「アメリカの政治・選挙」に関する英単語を4つ紹介。

第1問
Swing State (スウィング・ステイツ)

1. ニューヨーク州
2. 民主党・共和党に分かれがちの州
3. ドナルド・トランプ支援者が多い州

shutterstock_431902315

正解は、2「民主党・共和党に分かれがちの州」

Winning Ohio, one of the Swing States is going to be crucial for the election.
激戦州のオハイオを取ることが選挙の勝敗を決める鍵になるだろう。

第2問
smear campaign (スミア・キャンペーン)

1. 大金を使ったキャンペーン
2. 有名人を起用したキャンペーン
3. 中傷キャンペーン

shutterstock_461048545

正解は、3「中傷キャンペーン」

Do you remember that smear campaign against John McCain by Bush?
ブッシュ陣営によるマケインへの中傷キャンペーン、覚えている?

第3問
wee-wee’d up(ウィー・ウィード・アップ)

1. バーニー・サンダース
2. 茶番劇
3. とてもイライラする

shutterstock_492642466

正解は、3「とてもイライラする」

(オバマが好きな言い回し)

I had no idea what Obama meant when he said “wee-wee’d up”!
オバマが「ウィー・ウィード・アップ」って言ったとき、なんのことかわからなかった!

第4問
flip-flopping (フリップ・フロッピング)

1. 意見をころころ変える
2. 卑怯なやり方をする
3. 演説上手

shutterstock_256701235

正解は、1「 意見をころころ変える」

Trump at the debate last night was flip-flopping. It wouldn’t surprise me though.
昨晩の討論会でトランプはまた意見をころころ変えていたね。まあもう驚かないけど。

———————–

Eye catch photo by yellowpixel / Shutterstock.com

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load