今夏、旅先の空港で「dwell time(ドウェル・タイム)」どう過ごす? 今週は、“エアポート”スラング/ Urban English

Share
Tweet

最近の空港はクラフトビールに映画館もあって、「dwell time(ドウェル・タイム)」も楽しめる。今週は空港で使えるフレーズを4つお届け。

第1問
moving walkway(ムービング・ウォークウェイ)

1. 滑走路
2. 動く歩道
3. 荷物カート

shutterstock_683783278

正解は、2「動く歩道」

Don’t run on a moving walkway!
ほら、動く歩道で走らないの!

第2問
touch down (タッチダウン)

1. 着陸する
2. 乱気流に襲われる
3. 離陸する

shutterstock_681631885

正解は、1「着陸」

The plane he is in just touched down at JFK airport.
彼が乗った飛行機は無事にJFK空港に着陸した。

第3問
long-haul flight(ロングホール・フライト)

1. 長距離フライト
2. ジャンボジェット機
3. 乗り継ぎのフライト

shutterstock_320962889

正解は、1「長距離フライト」

Awww, I have a long-haul flight between Tokyo and New York. 12 hours.
あああ、東京とニューヨーク、12時間の長距離フライトだよ。

第4問
dwell time (ドウェル・タイム)

1. 目的地までのフライト時間
2. 空港までの移動時間
3. フライトまでの空港滞在時間

shutterstock_662376634

正解は、3「フライトまでの空港滞在時間」

Airports are finding a way to encourage airport users to spend their money during dwell time.
各国の空港は、空港利用客がいかにフライトまでの滞在時間にお金を使ってもらうか策を練っている。

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load