「水泳してもセックスしても大丈夫」個人に合わせて形を変える生理用品「月経ディスク」って?

Share
Tweet

ある“下着”とその広告が話題をさらったのは一昨年の秋のこと。ピンクとヌーディーカラーを背景に立つ下着姿の女性、その脇にでかでかと「Period(生理)」の文字。生理中でもナプキンいらず、履くだけのスタイリッシュな「生理用下着」がセンセーショナルに登場したのだった。

GroupShotHoldingFlex

 その生理用下着「Thinx(シンクス)」に、オーガニックタンポン(LOLA)、インドのスタートアップが貧困層に向けて開発した「バナナの繊維を使った手頃な価格のサステナブルナプキン」。同じ型で同機能のナプキンやタンポンから抜け出せずにいた生理用品のイノベーションに、投資家たちも続々と資金投入をはじめる。これまで長らくタブーとされ、おざなりにされてきた生理用品業界が、最近勢いづいている。

生理? 汚いものでも恥ずかしいものでもありません。不快感もなければ、生理中でも血まみれになることなくセックスだって快適にお楽しみいただけます」とは、立ち上げから1年余りで100万ドル(約1億円)の資金調達に成功、カリフォルニアの女性二人によるスタートアップ「The Flex Company(ザ・フレックス・カンパニー)」、こちらもまた生理用品のイノベーションを牽引する。

Flex8Pack_WhiteBG

 このコンドームような見た目をしているこれが新たなプロダクト「フレックス」。“月経ディスク”というもので、タンポンにとって代わる生理用品というのだ。

 医療現場で使用されている低アレルギー性の超うす型ゴム製で、イラストのように、子宮けい部と恥骨にディスクを引っかけることで経血をキャッチ。黒い縁部分は体温で柔らかくなる仕組みになっており、それぞれの膣の形に合わせてに変形するため、着けている違和感がない。血の漏れも一切なく、半日使用してゴミ箱にポイ。タンポン約8~10本分の経血量をキープすることができるのでコスパも最高だ。
 また「ヘルシーな生理を(そして汚れなしのセックスを)」と謳うように、フレックス着用したまま水泳も可能、そしてセックスも可能。“血まみれ”を恐れ、生理中のセックスを避けてきた女性にも重宝されそうだ。

cup_tampon_flex
flex_one
flex_two

 女性が主体となり、斬新なアイデアとテクノロジーで起こす生理用品業界のイノベーション。機能性だけの進歩に留まら図、生理に対する“不快”や“タブー”、“隠すべきもの”というネガティブなイメージを塗り替える気風、それこそが真なるイノベーションともいえよう。

The Flex Company
FlexPopUp_1

—————
All images via The Flex Company
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load