米国とメキシコの国境を行き来した幼少期。一人の移民アーティストが表現する〈国境を隔てたアイデンティティ、政治視点〉

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

米国カリフォルニア州にあるコミュニティアート施設、アーモリー・センター・フォー・ザ・アーツで開催中の『Tanya Aguiñiga: Borderlands Within/La Frontera Adentro』。ロサンゼルスを拠点に活動する、米国生まれメキシコ育ちのアーティスト、ターニャ・アグイニガの個展である。メキシコと米国の国境付近で育ち、4歳から14年間、毎日午前3時30分に起床し、メキシコの自宅からカリフォルニア州・サンディエゴの学校に通っていた彼女。展覧会のテーマは、ずばり「国境」だ。館内を飾る、セラミックやガラスを使った造形作品や写真・ビデオインスタレーションを通し、移民としての政治的な観点やアイデンティティ、コミュニティ・アクティビズムを探求する。

メキシコに居住しながら米国の学校に通っていたことから、友だちもできなかった思春期。国境を越え、外国の学校に通学することは「精神的にも体力的にも苦痛だった」と回想する。高校卒業後は、アメリカ屈指の名門美術大学ロードアイランド造形大学にて、国内でも数少ない家具デザインの修士号を取得。自身のキャリアをスタートさせた。

同展でフィーチャーされている代表的な作品シリーズ『AMBOS』では、カリフォルニアからテキサスまでの17の国境に接する街を訪れ、通勤者やタクシーの運転手、通りの売り子などに「この国境を越えるとき、あなたはどう思いますか?」と尋ね、人々の生活と国境の交わりを記録した。

現在は新型コロナウイルス感染対策のため一時閉館中。再開の目処は立っていないが、展示は8月9日まで開催予定だ。それまでヒープスのウェブ上で、14年間米国とメキシコの国境を行き来し続けたアーティストの感情を読みとってほしい。


Tanya Aguiñiga
America’s Wall (performance photo)
2018
Performed by Tanya Aguiñiga, Jackie Amézquita, Cecilia Brawley, Natalie Godinez, Izabella Sanchez, and Shannen Wallace. Photo by Gina Clyne
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
America’s Wall (performance photo)
2018
Performed by Tanya Aguiñiga, Jackie Amézquita, Cecilia Brawley, Natalie Godinez, Izabella Sanchez, and Shannen Wallace. Photo by Gina Clyne
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
America’s Wall (performance photo)
2018
Performed by Tanya Aguiñiga, Jackie Amézquita, Cecilia Brawley, Natalie Godinez, Izabella Sanchez, and Shannen Wallace. Photo by Gina Clyne
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
Tension (performance photo)
2017
Performed by Tanya Aguiñiga and Jackie Amézquita
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
Tension (performance photo)
2017
Performed by Tanya Aguiñiga and Jackie Amézquita
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
Tension (performance photo)
2017
Performed by Tanya Aguiñiga and Jackie Amézquita
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
Tension (performance photo)
2017
Performed by Tanya Aguiñiga and Jackie Amézquita
Courtesy of the artist and AMBOS Project


Tanya Aguiñiga
Tension (performance photo)
2017
Performed by Tanya Aguiñiga and Jackie Amézquita
Courtesy of the artist and AMBOS Project
Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.

Installation photos of Tanya Aguiñiga: Borderlands Within (2020). Photos by Ian Byers-Gamber. Courtesy Armory Center for the Arts.


—————
Text by Ayano Mori
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load