滝と生命、花の魂、波の鼓動、大地を流れる川の息。女性写真家のシャッターの先にあった、自然の正直なうつくしさ

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

「アートの世界で、女性が平等に扱われたことは一度もありません」。鮮烈な一言にドキッとする。これは米国の首都ワシントンD.C.にある、国立女性美術館(National Museum of Women in the Arts、以下NMWA)が放ったメッセージだ。過去10年間に米国の有名美術館が入手した作品のうち、女性アーティストの作品はわずか11パーセントだったという。また1980年代より、アート界に蔓延するジェンダー問題や不正を訴えてきたフェミニスト兼アクティビスト集団ゲリラ・ガールズが掲げた看板ポスターには、こう書かれている。「現代アート界の女性アーティストはわずか3パーセントにも満たないのに、ヌード作品の83パーセントが女性である*」と。

*1989年に制作されたオリジナル版は「現代アート界の女性アーティストはわずか5パーセントにも満たないのに、ヌード作品の85%が女性である」だった。

ジェンダーギャップの縮まらないアートの世界で、81年に設立し87年に開館したのがNMWA。女性アーティストの作品のみを所蔵・展示する、世界唯一の大規模な美術館だ。16世紀後半から現在まで、米国内外の1,000人以上によるアーティストの作品5,500点以上を収蔵する。ここで現在開催中なのが、コロナ禍の外出規制で自然が恋しくなった人々に贈る写真展『Return to Nature』

1839年の写真技術の誕生以来、女性たちは写真の開発に積極的に参加し、特に植物写真の発展に貢献してきた。展示されるのは、11人の女性写真家による20枚の写真。エイミー・ラムによる『Purple Datura』は、その名の通り紫色のチョウセンアサガオを鮮やかに撮影し拡大出力した作品。彼女はこれを肖像画と呼ぶ。もともと分子生物学者で、生物の魅力や植物が持つ独特の形や色を探求する作風をもっていた彼女は、「花の魂を視覚的に表現したいんです」という。ジャスティン・カーランドによる『Waterfall, Mama Babies』は、川で戯れる裸の妊婦や母親、その子どもたちの姿を捉えている。これは彼女が息子を出産後に撮ったもの。自身の作品は「自由という基本的な考えに即している」のだという。

NMWAは展示だけにとどまらず、SNS上で「#5WomenArtists(女性アーティスト5人言えますか?)」というハッシュタグキャンペーンを行ったり、これまでスポットが当てられてこなかった女性アーティストをウィキペディアに追加するイベント「エディット・ア・ソン」を開催したりと、さまざまな方法で芸術におけるジェンダーの不平等を喚起する。同展示は翌年1月3日まで。

Purple Datura
2015.21 Amy Lamb, Purple Datura, 2015; Digital pigment print of photograph, 34 x 34 in.; National Museum of Women in the Arts, Gift of the Artist and Steven Scott Gallery, Baltimore; © 2015 Amy Lamb, all rights reserved.

Waterfall, Mama Babies
2009.71 Justine Kurland, Waterfall, Mama Babies, 2006; Chromogenic color print, 30 x 40 in.; NMWA, Gift of Heather and Tony Podesta Collection; © Justine Kurland, Courtesy of the artist and Mitchell-Innes & Nash, New York

Jungle Gym
2009.63 Justine Kurland, Jungle Gym, 2001; Chromogenic color print, 30 x 40 in.; NMWA, Gift of Heather and Tony Podesta Collection; © Justine Kurland, Courtesy of the artist and Mitchell-Innes & Nash, New York

Barracudas
2009.59 Justine Kurland, Barracudas, 2000; Chromogenic color print, 30 x 40 in.; National Museum of Women in the Arts, Gift of Heather and Tony Podesta Collection; © Justine Kurland, Courtesy of the artist Mitchell-Innes & Nash, New York

Field Trip
2005.49 Justine Kurland, Field Trip, 1999; Chromogenic color print, 29 3/8 x 39 1/8 in.; National Museum of Women in the Arts, Gift of Heather and Tony Podesta Collection; Mitchell-Innes & Nash, New York; Photo by Lee Stalsworth
Photographer: Lee Stalsworth

Model in Rubber Bathing Suit, California
1986.56 Louise Dahl-Wolfe, Model in Rubber Bathing Suit, California, 1940; Gelatin silver print, 14 x 11 in.; NMWA, Gift of Helen Cumming Ziegler; © 1989 Center for Creative Photography, Arizona Board of Regents


For the Last Tree
2017.114 Mwangi Hutter, For the Last Tree, 2012; Chromogenic print, 39 ¼ x 26 ⅜ in.; NMWA, Gift of Tony Podesta Collection, Washington, D.C.; © Mwangi Hutter

—————
Text by Rin Takagi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load