シリコンでかたどられた〈遺伝子交配の可能性〉架空の生命体の彫刻たちは、観る者の心と目に衝撃をあたえる

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回は北欧の国エストニアから。首都タリンにあるKai Art Centerで開催中の『Patricia Piccinini: the Instruments of Life』を紹介したい。西アフリカのシエラレオネに生まれ、現在オーストラリアを拠点に活動するアーティスト、パトリシア・ピッチニーニの個展だ。本記事で紹介する展示品の写真のなかにはグロテスクなものも多々あるので、先にそのことを伝えておく。

ピッチニーニの創作にある大きなテーマは、「人間同士の関係」や「人間と他の種との関係性」。自身の作品を通し、生命倫理を取り巻く懸念を伝える。「リアルでやや不気味な彫刻作品」で、だ。

彫刻作品では、遺伝子交配の可能性から生まれるであろう架空の生命体を創り出す。よりリアルを追求するため、素材にはシリコンや人毛を使用。完成まで約1年を費やすというこだわりだ。同展では、彼女が2005年から20年までに制作した彫刻とビデオ作品が展示される。

ひときわ目を引く“架空の生命体”を3つ見てみよう。彫刻作品『The Loafers』は、キメラ(同一の個体内に異なった遺伝情報を持つ生命体)。なかなか衝撃のビジュアルだ。人間となんの動物がかけ合わさったのだろう。『Sapling』は、人間が苗木のような見た目の我が子を肩車している。一瞬、本物の人間が背負っているのかと思った。子のルーツ(根っこ)は親にあるという比喩作品だ。また母親に母性があるように、父親にも父性があることを表現しているのだとか。自然の中で育つ木と人間の子を組み合わせたこの作品からは、まるで「子を愛でるように、環境を愛してみてはどうか」とのメッセージも聞こえてきそうである。『Sanctuary』では、年老いた類人猿同士が抱擁している。絶滅の危機に瀕しているボノボ(ヒト科チンパンジー属。人間に最も近い類人猿といわれる)からインスピレーションを得た作品だ。性欲が強く、セックスという行為を愛情表現や地位の誇示、争いの鎮静のために用いるボノボを起用することで、あまり話されることのない高齢者の性についても言及している。開催は今月25日まで。


Patricia Piccinini_The Coup (2012)_Courtesy of the Artist

Patricia Piccinini_ Cleaner (2019)_Photo_Mari Volens

Patricia Piccinini_Big Mother (2005)_Courtesy of the Artist

Patricia Piccinini_Shadowbat (2019)_Courtesy of the Artist

Patricia Piccinini_Shoeform (Bloom) (2019)_Courtesy of the Artist

Patricia Piccinini_ Sanctuary (2018)_Photo_Mari Volens (1)

Patricia Piccinini_ The Loafers (2018)_Photo_Mari Volens

Patricia Piccinini_Shadowbat (2019)_Photo_Mari Volens

Patricia Piccinini_ Sapling (2020)_Photo_Mari Volens (1)

Patricia Piccinini_ Instruments of Life_Exhibition view_ (2021)_Photo_Mari Volens (2)

Patricia Piccinini_ The Awakening (2020)_Photo_Mari Volens

パトリシア・ピッチニーニ本人。
Patricia Piccinini with her artwork ‘Shoeform’_photo Alli Oughtred

—————
Eyecatch :Patricia Piccinini_ Instruments of Life_Exhibition view_ (2021)_Photo_Mari Volens (3)
Text by Ayano Mori
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load