ツールは「写真」。異なる三世代のアフリカ系アメリカ人が、いま、それぞれ表現する〈ブラックネス〉

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、カナダのオンタリオ美術館にて開催中の写真展『DAWOUD BEY, JOHN EDMONDS, WARDELL MILAN』。ベビーブーマー世代のダウード・ベイ(1953年生まれの68歳)、X世代のウォーデル・ミラン(1977年生まれの43歳)、ミレニアル世代のジョン・エドモンズ(1989年生まれの32歳)の異なる三世代のアフリカ系アメリカ人の現代アーティストが、2017年から19年の間に撮影した写真作品やコラージュ作品が展示される。
テーマは「写真はどのように、アフリカ系アメリカ人の経験を形作り続けているのか」。写真は何を記録できる? 写真を通して過去の経験を呼び起こすことはできる? 三人はこれらの質問を作品に投げかけながら、各々の表現方法を用い、アメリカにいまも蔓延るアフリカ系アメリカ人に対する暴力の歴史やその複雑さを作品に落とし込む。

 写真家で教育者のベイがオハイオ州で撮影した『Untitled #20 (Farmhouse and Picket Fence II), 2017』は、自身のプロジェクト「Night Coming Tenderly、Black」のなかの1枚。19世紀の黒人奴隷が自由を求めて脱走する、というテーマを抽象的に再現した。写真家のエドモンズがシャッターを切った『Untitled (DuーRag3)』は、黒人の美を探求するため、デリやバーバーショップで購入したドゥーラグ(アフリカ系アメリカ人のファッション文化に根付くヘアアイテム)をモデルに着用させ自宅アパートで撮影したもの。

人種問題に関する話題や議論は昨年に引き続き、日常的に触れる昨今。SNSで流れてくる心苦しい動画だけでなく、アーティストが制作したうつくしい作品もまた、アフリカ系アメリカ人の歴史を知り、学びへのきっかけとなる。展覧会は4月18日まで。


Wardell Milan, Michael Ross, 2018. From the series Parisian Landscapes (2013– 2019). Printed paper, gelatin silver prints, watercolour, and graphite, 40.6 x 26.4 cm. Art Gallery of Ontario, Purchase, with funds from the Photography Curatorial Committee, 2019. © Wardell
Milan 2019/2250


Dawoud Bey, Untitled #20 (Farmhouse and Picket Fence II), 2017. From the series Night Coming Tenderly,
Black (2016–2017). Gelatin silver print, 121.9 x 149.9 cm. Art Gallery of Ontario, Purchase, with funds from the
Photography Curatorial Committee, 2019. © Dawoud Bey 2019/2251.

John Edmonds, Untitled (Du-Rag 3), 2017. Archival pigment print on Japanese silk, 150.5 x 107.5 cm. Art Gallery of Ontario, Purchased with the assistance of Art Toronto 2017 Opening Night Preview, 2017. © John Edmonds 2017/42.

—————

Text by Ayano Mori
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load