ひと部屋、ひとアーティスト、ひと人生。作家の一生を、初期・中期・晩年の作品で見つめる。ある美術商のコレクション

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

音楽の都オーストリア・ウィーンの市街地に、宮殿のごとく優美にそびえる、「アルベルティーナ美術館」。ウィーンといえば世界屈指のコレクションを誇る「美術史美術館」が有名だが、アルベルティーナの方も、モネ、ピカソ、マグリットと名だたるアーティストの名作が豊富に収蔵される。宮殿のごとくと先述したが、実は本当に元宮殿。ヨーロッパ随一の名門王家といわれるハプスブルク家の邸宅を改装したものなのだ。格式高い歴史的建造物のなかで現在展示中なのは、『My Generation. The Jablonka Collection』。1980年代のアメリカとドイツの作品を中心に、美術商ラファエル・ジャブロンカが長年にわたり収集してきた約110点の現代アートをフィーチャーしている。

1952年生まれのラファエルは、同世代のアーティストの作品を幅広く集めた。その幅広さのポイントは二つ。一つは作品の多種多様さだ。それは絵画、彫刻、巨大インスタレーション作品などさまざま。もう一つは、各アーティストの人生のフェーズごとに作品を集めているということ。作家の初期、中期、晩年と移り変わりゆく(もしくは変わらない)様子を追うように。

ひと部屋に一人のアーティストの作品が展示。米国人の生活の薄暗い部分を描写し注目を集めた米国人画家エリック・フィッシュルの『The Krefeld Project: The Bedroom. Scene 1』や、アメリカ人コンセプチュアルアーティストのシェリー・レヴィーンによる、あの有名なマルセル・デュシャンの便器『泉』を模した『Fountain (Buddha)』など。ドイツの現代アーティスト、アンドレアス・スロミンスキーによる『Untitled』は、一見「間違えて置かれたんじゃ?」と思ってしまうような、袋がたくさんかけられた自転車の作品だ(彼は他にもいくつもの自転車シリーズを作っている)。

作品表現の幅広さと、一人のアーティストの人生の流れ、どちらも感じることができる同展は4月11日まで。一人の美術商が集めた作品群をのぞいてみて。

Sherrie Levine

Fountain (Buddha), 1996
 Highly polished bronze
The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection © Sherrie Levine




Andreas Slominski

Untitled, 1993/1994 
Various materials 
The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection © Andreas Slominski




Richard Deacon

Dead Leg, 2007 
Oak and stainless steel
 The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection © Richard Deacon

Eric Fischl

The Krefeld Project: The Bedroom. Scene 1, 2002
 Oil on linen
 The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection
© Eric Fischl / Bildrecht, Vienna, 2020







Francesco Clemente

Southern Cross, 2006
 Oil on canvas
 The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection © Francesco Clemente







Mike Kelley

Frankenstein, 1989
 Detail; Sewn, found stuffed cloth animals, basket with thread, pin cushion, felt
 ALBERTINA, Wien – The JABLONKA Collection
© Mike Kelley / Bildrecht, Vienna, 2020




Philip Taaffe

Artificial Paradise (Tumulus), 2008 
Mixed media on canvas
 The ALBERTINA Museum, Vienna – The JABLONKA Collection © Philip Taaffe

—————
Text by Rin Takagi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load