あれもこれも違って見える。ときどきだまし絵、ときどきマネキン。Lucy McKenzieの“メガネ”をかけてみたら

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

英国文化が好きな人は「Tate(テート)」という言葉につい反応してしまうだろう。1500年から現代までの英国美術と国際的な近・現代美術のナショナルコレクション、約7万点以上の展示をおこなう組織だ。テートがもつ数あるギャラリーのなかの1つ、Tate Liverpool(テート・リヴァプール)でつい数日前まで開催されていた、英国人作家Lucy McKenzie(ルーシー・マッケンジー)の回顧展『Lucy McKenzie』を今週はお届けする。

マッケンジーは「トロンプ・ルイユ(フランス語で「目をだます、錯覚を起こさせる」)」と呼ばれるだまし絵の技法で知られる画家。2011年にはスコットランド人デザイナー、ベカ・リプスコムとともにアトリエE.B.を創立。アトリエE.B.は、ファッションレーベルとしても機能している。英国初の回顧展となる本展では、1997年から現在までにマッケンジーがそのキャリアを通じて関心を寄せてきたテーマに基づいた、​​大規模なインスタレーションや幻想的なだまし絵、そしてファッションやデザインなどの80点以上の作品が展示される。

過去20年間、マッケンジーは、国際スポーツに関するイコノグラフィー(図像学。絵画や彫刻などにおける神学的意味や美術的表現の由来などを明らかにする学問)から、戦後の壁画がもつ政治性を探求した作品、音楽のサブカルチャーに魅了された作品まで、幅広い歴史的瞬間と文脈から制作をおこなっている。ジェンダー・ポリティクスをテーマとした作品『Curious 1998』は、大衆メディアにおける女性アスリートのエロティシズムを浮き彫りにしている。また、ルーシーの作風がよくわかるのは、『May of Teck 2010』のような大規模なだまし絵のインスタレーション。アトリエE.B.の設立以降、次第にファッションや衣服へと作品の方向がシフトしていき、『Rebecca 2019』では展示されている服の二の次と見られがちな「マネキン」を制作し、高度なスキルが要らないと思われている“ウィンドウ・ドレッシング(ショーウィンドウの飾りつけ)”に対する認識を覆している。

マッケンジーの手にかかれば、身の回りにあるあらゆるテーマが、ちょっと違う目線、いままでもったことがなかった観点から浮き彫りになる。

Lucy McKenzie, Curious 1998
© Lucy McKenzie. Photo: Courtesy of the artist and Cabinet London

Lucy McKenzie, May of Teck 2010
© Lucy McKenzie. Photo courtesy of the artist; Galerie Buchholz, Cologne/Berlin/New York

Lucy McKenzie, Rebecca 2019
© Lucy McKenzie. Udo and Anette Brandhorst Collection. Photo: Haydar Koyupinar, Bayerische Staatsgemäldesammlungen, Museum Brandhorst, Munich

Lucy McKenzie, Untitled 1997 © Lucy McKenzie. Photo: Courtesy of the artist and Cabinet London

Lucy McKenzie, Depeche Mode Night 1999 © Lucy McKenzie. Photo courtesy of the artist; Galerie Buchholz, Cologne/Berlin/New York


Lucy McKenzie, Door 2 2000 © Lucy McKenzie. Courtesy the artist and Galerie Buchholz, Berlin/Cologne/New York

Installation view of Lucy McKenzie at Tate Liverpool, 20 October 2021 – 13 March 2022 © Gareth Jones

Installation view of Lucy McKenzie at Tate Liverpool, 20 October 2021 – 13 March 2022 © Gareth Jones

Installation view of Lucy McKenzie at Tate Liverpool, 20 October 2021 – 13 March 2022 © Gareth Jones

—————
Text by Ayumi Sugiura
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load