「アートが好きじゃなくても理解してもらいたい」フェミニスト作家ジェニー・ホルツァーは、芸術表現に“ことば”を織り込む

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介する展覧会は、スペインにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館で開催中の『Jenny Holzer: Thing Indescribable』。ニューヨーク在住米国人アーティスト、ジェニー・ホルツァーの個展である。1980年代頃に登場したバーバラ・クルーガーやシンディ・シャーマンを含むフェミニスト・アーティストたちと同じ世代に属し、芸術作品における女性目線での表現方法を開拓してきた。

この個展では、1970年代の中頃から40年間にわたって製作されたジェニーの作品を展示。「アートが好きな人じゃなくても理解できるようなものを作りたかったから、私は“言葉”を選びました」。そう彼女が語るように、一貫して“文章”や“言葉”が主要な表現方法となっている。しかしそれを映し出す媒体や場所はさまざまで、街頭のポスターから森の中、砂漠にいたるまで予想だにしない新たな視点を鑑賞者に提供する。

ジェニーが紡ぐ言葉は詩的であると同時に、痛烈に現代社会を批判するものだ。実際に暴力や不当な扱いを受けた人々の言葉を代弁することもある。アートの力を借りて彼らの声がもっと世界に届きますように。そんな願いを込めて作られた作品たちは「芸術なんてわからない」、そう思うあなたにもきっと届くはずだ。


Jenny Holzer, Ram, 2016. LED sign with blue, green & red diodes, 14 x 762 x 14 cm.
Text: “Two Faces the Color of Iron” from Building the Barricade by Anna Świrszczyńska, English translation by Piotr Florczyk, © 2016 by Tavern Books. Used with permission of Ludmiła Adamska-Orłowska and the translator.
Courtesy the artist and Hauser & Wirth
© 2019 Jenny Holzer, member Artists Rights Society (ARS), NY / VEGAP Photo: Collin LaFleche

Jenny Holzer, Survival: Men don’t protect…, 1989. Indian Red granite bench, 43.2 x 106.7 x 45.7 cm.
Text: Survival, 1983–85
Courtesy the artist
© 2019 Jenny Holzer, member Artists Rights Society (ARS), NY / VEGAP Photo: Larry Lame

Jenny Holzer, Purple, 2008. 20 LED signs with blue, green, red & white diodes, Each element: 148.1 x 13.3 x 14.8 cm.
Text: U.S. government documents
Courtesy the artist
© 2019 Jenny Holzer, member Artists Rights Society (ARS), NY / VEGAP Photo: Collin LaFleche

Jenny Holzer, from Truisms (1977–79), 1977.
Courtesy the artist
© 2019 Jenny Holzer, member Artists Rights Society (ARS), NY / VEGAP Photo: Jenny Holzer

アーティスト自身のポートレート。
Portrait of Jenny Holzer Photo: Nanda Lanfranco

Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load