ギリシャの無人島に現れた29体の人体彫刻。〈古代遺跡×現代アート〉が、失われた“人の姿”を呼び戻す

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

英国人アーティスト、アントニー・ゴームリー。 自分自身の身体を鋳型にとり、それを元にしたインスタレーションや彫刻、大型のパブリック・アートで知られる。今回彼が展示会場として選んだのは、エーゲ海に浮かぶギリシャの島、デロス島。無数の古代遺跡で埋め尽くされている“島全体が世界遺産”という稀有な無人島である。世界遺産の島の古代遺跡と、ゴームリーの現代美術。両者が不思議な波長を生み出す『SIGHT | ANTONY GORMLEY ON THE ISLAND OF DELOS』が今回紹介する展覧会だ。

約20年間にわたりアントニーが作り出してきた29体の人体彫刻は、古代劇場から商業施設、美術館など島内のさまざまな遺跡スポットと混ざり合い、失われてしまった人間の存在を再び取り戻そうとする。かつてデロス島はギリシャの神々の聖地であり、古くからくから海洋貿易の中心地とした栄えた場所。裕福な商人たちが集まる賑々しい場所だった。やがて、略奪などの悲運が続き、紀元前1世紀に島ごと捨てられることとなり、いつしか無人島となってしまう。

神話・宗教・政治など、未だに島の土地に根づいているさまざまな歴史。自然に入り込んだ人体彫刻を媒体に、いま目の前に遺された“歴史”を見つめながら、もうここにはない“歴史”を想像してみてはどうか。今年の10月31日までの開催というので、一味変わった夏・秋の旅のアイデアを探している人は、ぜひ〈古代遺跡×現代アート〉でいかが。


Antony Gormley, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019. Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Antony Gormley, Knot, 2010. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Antony Gormley, Another Time V, 2007. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist

Antony Gormley, Another Time XIV, 2011. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Antony Gormley, Shift II, 2000. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Antony Gormley, Cast III, 2009. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Antony Gormley, Connect, 2015. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

(from the left) Elina Kountouri, Director, NEON, Antony Gormley, artist. Antony Gormley, Spread, 2010. Installation view, SIGHT, at the archaeological site of Delos Island, 2019.
Photograph © Oak Taylor Smith | Courtesy NEON; Ephorate of Antiquities of Cyclades and the artist.

Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load