中国少数民族チャン族や農民とのプロジェクト紹介も。ポスト・ヒューマン時代の展覧会で「普遍の人間性」を再考する

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

アートの中心地、フランス・パリ。その中でもヨーロッパ最大の近現代美術コレクションを持つことで有名なポンピドゥー・センターでは、現在『Cosmopolis #2: rethinking the human』が開催中だ。2017年に同じ会場でおこなわれた『Cosmopolis #1: Collective Intelligence』、中国の成都で2018年に開催された『Cosmopolis #1.5:Enlarged Intelligence』に続く、シリーズ最後の展覧会。

『Cosmopolis』は2016年にローンチされたポンピドゥー・センター内のリサーチプラットフォームで、多分野にまたがるコンテンポラリーアート、特に社会的・政治的な問題に関わるアーティストや作品に焦点を当てている。#1ではアジア、アフリカ、ラテンアメリカを中心に活動し、コミュニティとの協働を重視するアーティストコレクティブの紹介、#1.5ではデジタル経済の発展、またはそれによる急激な文化的・生態的変化に切り込むアーティストやプロジェクトを紹介してきた。

今回の#2では、「ポスト・ヒューマン時代」と呼ばれるほどインターネットや人工知能が社会の中心を担っている現代、「普遍的な人間性」とは一体なにかを再び問いかける必要性を提示する。展覧会では、中国・四川拠点のアーティスト、ツァオ・ミンハオとチェン・ジェンジュンのプロジェクト『Water System』をフィーチャー。同プロジェクトは、街の景観、生活、気候変動、そして新たな未来の創造をテーマに、中国少数民族・チャン族や農民たちとコラボレーションしたものだ。バングラディシュのアーティスト/写真家ムネム・ワシフとバングラディシュのアクティビストによる団体「UBINIG」が共創したプロジェクト『Seeds Shall Set Us Free II』も紹介。UBINIGは、イギリス植民地時代にインディゴやジュート(黄麻)の生産地として使用された歴史により、失われかけてしまった「無農薬農法での地域固有穀物の生産」を推進する団体だ。


Magazine text – Tabita Rezaire, Mamelles ancestrales (still), 2019. Courtesy of the artist and Goodman Gallery, South Africa.


Tabita Rezaire – Tabita Rezaire, Mamelles ancestrales (still), 2019. Courtesy of the artist and Goodman Gallery, South Africa


Opening text – Bitcoin Mining and Field Recordings of Ethnic Minorities (still), 2018. Courtesy of the artist


Superhero Summit – Day 2 – Super Sohrab, _Portrait, Super Sohrab


Digital Earth – Francois Knoetze, Core Dump – Dakar (still), 2018. Courtesy of the artist


Superhero Summit – Day 1 – Super Taus, _Super Taus and a camel Yasha, Kaspiisk, Daguestan_, 2014 Photo by Imam Guseinov for RD magazine


Sensing Salon – Courtesy of the artists


Denise Ferreira da Silva and Arjuna Neuman, 4 Waters Deep Implicancy (still), Courtesy of the artists

Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load