二つの時計は、二人の鼓動。 Felix Gonzalez-Torres、日常のありふれた“モノ”を使う、愛・再生・喪失の表現

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

芸術の街、スペインのバルセロナには数多くの美術館が存在するが、今回は、そのなかでも20世紀半ばの作品をメインに展示するバルセロナ現代美術館(MACBA)について。ここでは約5,000点もの作品が展示され、定期的にさまざまなアーティストの展示会が開かれている。9月12日まで開催されているフェリックス・ゴンザレス=トレスの個展『Felix Gonzalez-Torres: The Politics of Relation』も、その一つだ。

ゴンザレス=トレスは、キューバ生まれのアメリカ人アーティスト。1996年、39歳のときにエイズによる合併症で死去した。彼のインスタレーション作品は、ポストコロニアル(植民地から独立した後)のアメリカとスペインの歴史を通して、記憶、権威、自由、そして国民のアイデンティティを人々に問いかけている。

このアイデンティティの表現は、同性愛者である彼自身の影響が大きく、クィアの美学を追求している。作品は、ファシズムや社会保守主義、同性愛コミュニティへの抑圧などのテーマと密接に関わっており、これらは彼の最も政治的なジェスチャーの一つ。ミニマリズムとコンセプチュアリズムによって、保守派の規制をかいくぐりながら、同性愛についてなどを語っている。

そのミニマリズムを起点としたと情緒的な表現で有名なゴンザレス=トレスの作風は、紙、お菓子、ジグソーパズル、ライトなど日常にありふれた素材から、愛や喪失の物語を表現する。たとえば、本展の『Last Light』は糸に吊るされた無数のライトとビーズのカーテンによって喪失と再生、愛、そして限られた生命の。また、『Perfect Lovers』は、ゴンザレス=トレスのパートナーであったロス・レイコックがHIV陽性と診断されたときに生まれた作品であり、隣同士に並べられた二つの時計は、時計の針でもって、二つの“機械的な”心臓の音を表している。

このように作品を形成する日常的な素材には、彼の同性愛者としての経験を元にした物語が詰めこまれている。それは無駄のないシンプルな造形に、複雑に絡み合う愛の思想を秘めさせているのだ。

“Untitled” (Last Light) 
1993 
Light bulbs, plastic light sockets, electrical cord, and dimmer switch 
Overall dimensions vary with installation 
Edition of 24, 6 APs 
Published by A.R.T. Press, Los Angeles and Andrea Rosen Gallery, New York 
Copyright Felix Gonzalez-Torres 
Courtesy The Felix Gonzalez-Torres Foundation 
Photographer: Jordi V. Pou 
MACBA Collection. MACBA Foundation. Long-term loan of Brondesbury Holdings Ltd.

“Untitled” (Perfect Lovers) 
1987–90   
Wadsworth Atheneum Museum of Art, Hartford, CT. Gift of the Peter Norton Family
Foundation 
© Felix Gonzalez-Torres  
Courtesy of the Felix Gonzalez-Torres Foundation

“Untitled” (Go-Go Dancing Platform)  
1991
Wood, light bulbs, acrylic paint, and go-go dancer in silver lamé bathing suit, sneakers,
and personal listening device  
Overall dimensions vary with installation  
Platform: 21 1/2 x 72 x 72 inches (54.6 x 182.9 x 182.9 cm)
Installation view: Felix Gonzalez-Torres. David Zwirner Gallery, New York, NY. 27 Apr. –
14 Jul. 2017 
Photographer: EPW Studio/Maris Hutchinson 
 © Felix Gonzalez-Torres  
Courtesy of the Felix Gonzalez-Torres Foundation

“Untitled”, 1990
Metal first-aid kit, paper, clock.
© Felix Gonzalez-Torres  
Courtesy of the Felix Gonzalez-Torres Foundation

—————

Text by Shunsuke Kanazawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load