最高のコーヒーは、“スマホ片手に”自分で淹れよ。「スマホ連動コーヒードリッパー」で 自分好みの一杯を自宅で追求

Share
Tweet

本格的なサードウェーブ系から、コンビニで気軽に飲める一杯まで。いつでもどこでも、さまざまなコーヒーが手軽に楽しめるいま、次のお気に入りの一杯が見つかる場所は自宅なのかもしれない。

 今回紹介したいのは、スマホアプリと連動するコーヒードリッパーの「GINA(ジーナ)」。クラシックなドリップ方法とテクノロジーの融合が生んだ、スマートでスタイリッシュなコーヒーマシンだ。

GINA_pour_over_coffee

 仕組みを説明しよう。

 スマホと連動するのは、ドリッパー底部分に付けられた秤(はかり)の部分。専用のアプリで自分好みのドリップ方法を設定し、あとはスマホに表示される分量を確認しながらコーヒーとお湯を注ぐだけ。

GINA_app
GINA_valve_detail

 コーヒー粉やお湯の量はスマホにリアルタイムで反映されドリップ時間も確認できるので、誰でも簡単に本格的な一杯を淹れることができる。

GINA_pourover_KS_videocover_graphics

 ドリップ方法は、ハンドドリップ、コールド・ドリップ、フレンチプレスの3種類。独自にデザインされたバルブを調節する。
 お気に入りの淹れ方を保存し、ほかのユーザーたちと共有できるなど、コーヒー好きコミュニティを作れてしまうのがうれしい。

GINA_immersion

 水やコーヒーの量、そしてドリップ時間などを変えて味の変化を楽しむのもよし、自分好みの究極の一杯を追求するのもよし。サイエンスで毎日のコーヒーライフが豊かにしてくれるこのアイテム、テクノロジー好きなコーヒーフリークにぴったりだ。

詳しくはコチラから。

—————

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load