“カフェ好き”ではなく「コーヒー好き」のために。 スタンド式の「コーヒー・バー」が楽で安くて旨くて、すごくイイ。
Pocket

 そこに行くこと、その空間で過ごすことを愛好するカフェ好きと、コーヒー好きはまた違う。近年ニューヨークでは、コーヒー好きのための、カフェではなく「コーヒー・バー」が人気だ。

L1006737a のコピー
Photo by Kohei Kawashima

その場でグイッと飲むか、買って立ち去る

 生活の一部のように、仕事に行く朝、散歩中にさっとコーヒーを買う。その場でぐいっとエスプレッソを飲み干すのもいい。コーヒー好きは、旨いコーヒーが飲みたいだけなのだ。
 昨年4月にも、新しいコーヒー・バー「Mixtape(ミックステープ)」がブルックリンのブシュウィックにオープン。相変わらずの人気だ。
 店内スペースを排除し、通りに面したカウンターで注文、grab & go (グラブ&ゴー:テイクアウト)のスタンドタイプ。まさしくカフェというより「コーヒー・バー」といったほうがしっくりくる。

L1006733a のコピー
Photo by Kohei Kawashima

L1006750a のコピー
Photo by Kohei Kawashima

L1006749a のコピー
Photo by Kohei Kawashima

 そしてメニューに書いてあるコーヒーの値段を見て驚くなかれ。
 1杯、なんと1ドル(約110円)。セルフドリップのコンビニのコーヒーではない、こだわりのコーヒー※が110円なのである。

※現在、Mixtapeではブルックリンのカフェ/ロースター「Oslo(オスロ)」が自ら焙煎する豆を使用。コーヒー1ドル、エスプレッソ2ドル、アイスコーヒー3ドル。うん、安い!

L1006745a のコピー
Photo by Kohei Kawashima

ベスト・エスプレッソが200円ちょい

 イーストビレッジにあるカフェ「Abraço(アブラッソ)」も忘れずに。5人ほど入れば肩がぶつかってしまうほどの小さな店内では、“ニューヨークのベストエスプレッソ”とも名高いエスプレッソをオーダーをうけてから一杯ずつ抽出する。価格は2ドル(220円)と、これまたお手頃だ。

DSCN1080 のコピー

 空間よりもコーヒーそのものに力を入れている点で今年最注目なのが、「SuperCrown Coffee Roasters(スーパークラウン・コーヒー・ロースターズ」。コーヒーの目利きが選び抜いた旬の豆を週替わりで使用し、最新のドリップマシーンで“ブレなく”淹れるスタイルがサードウェーブの先を行く新しさだ。

IMG_9103
Photo by Kohei Kawashima

IMG_9116
Photo by Kohei Kawashima

 とまあこんな具合で、コーヒー好きにはコーヒー好きのための場所がどんどん確立されている。必要最低限で提供してくれるから、値段も安い。旨い・早い・安いときたら、純粋なコーヒー好きにはたまらない。

L1006757a のコピー
Photo by Kohei Kawashima


知っておきたい。ザ・コーヒーワード shutterstock_359584514

 カフェでの時間よりも、純粋にうまいコーヒーを求める忙しいニューヨーカーたち。コーヒー・バーで、彼らが口にするあの単語やこの単語、ちょっと聞き耳を立ててみよう。

Sipsters (シップスターズ):常連客

Cappuccigo(カプチーゴー):カプチーノ(cappuccino)をテイクアウトすること。

Red eye(レッドアイ)/Black eye(ブラックアイ):ドリップコーヒーにエスプレッソ1ショットを加えること。

Baby Blanket(ベイビーブランケット):ホイップクリームつき

Can I have double tall mocha with baby blanket?
ダブル・トール・モカのホイップ・クリームつきをお願いします。

c

Party with Friends(パーティー ウィズ フレンズ):いつもの“あれ”

e

Barista: Hi! How are you doing? Everything is ok?
バリスタ:やあ、ジョン!調子はどうだい?
John: I am good! Please, “party with friend”.
ジョン:いつものくれるかい?
Barista: Ok! I know what you want! Here you are!
バリスタ:もちろん、君がいつも飲んでるものは覚えているよ! どうぞ!
John: Thank you! Have a good one!
ジョン:ありがとう、またね。

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
ほの暗い倉庫にて、焙煎士たち “コーヒー文化” 秘密会議中。
 2013年、メンバー制の“シェア焙煎所”であるこのプーリー・コレクティブをオープンさせたのは、スティーブ・ミエリヒ。ニカラグアのコーヒー農家に生まれた彼はコーヒーの栽培、...

—————————–
Text by HEAPS

Pocket

L1006737a (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
HEAPS Magazineの最新情報をお届けします

You may also like...