「ゴミ箱行きのパンはうまいビールになる」。地元パン屋と醸造所タッグで廃棄パンを美味しくリサイクル。究極のサステナブルビールLOAF(ローフ)

Share
Tweet

パンにうどん、ピザ、パスタ。さまざまな料理に姿を変え、世界中の胃袋を支えるものといったら、「麦」。
まさに万能穀物の麦だが、今回はゴミ箱行きの麦「古いパン」まである飲み物に姿を変えるプロジェクトが。

15032873_938503389582782_4667584690741785763_n

 ペンシルベニア州ピッツバーグの非営利団体「412 Food Rescue(412 フード・レスキュー)」がはじめたのは、古くなったパンでクラフトビールを作るプロジェクト「Loaf(ローフ)」。地元パン屋とビール醸造所の協力のもと、廃棄パンでビールを作るという究極のサステナビリティを実現しているのだ。

food-rescue-hero

「私たちの活動で必要以上にあまる食品の一つがパンでした。そこで、古くなったパンをおいしく再利用する方法を考えたのです」と話すのは、412フード・レスキューのCEO、Leah Lizarondo(レア・リザロンド)。
 7人に1人が飢えている生産された食料の40パーセントが廃棄され、という現状を変えるべく、2015年からレストランやスーパーマーケットチェーンと提携。まだ食べられるが廃棄されてしまう食品をシェルターや無料食堂などに提供し、フードロスの削減に取り組んでいる。

FoodRescue-Truck-1024x785
foodrescuelede

 こうして誕生したローフ・ビール、気になるのはそのお味。醸造所「East End Brewing(イースト・エンド・ブリューイング)」のオーナーは、「モルツ、ホップ、イースト、水までもがローフビールの味の決め手となっています。でも、一番面白いのはどんなパンが使われるかですね」と話す。

Team Truck

 古代エジプト人はビール作りにパンを用いていたというから、ローフビール、古代の知恵を現代のフードロスに役立てた一例といえよう。ビールの原点に立ち帰ったかのようなこのプロジェクト、食を食で救えることや、まだまだ減らせるフードロスがありそうなことを期待させてくれる。

—————
All images via 412 Food Rescue
Text by HEAPS, Editorial Assistant Akihiko Hirata

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load