「Wah Lau!(オーマイガー!)」自由勝手な英語がいいね、シンガポールのいまの音楽。煌めいて★アジアのポップス

シティの真ん中からこんにちは。ニュース、エンタメ、SNS、行き交う人から漏れるイキな英ボキャを知らせるHEAPS(ヒープス)のAZボキャブラリーズ。
Share
Tweet

シリーズ「煌めいて★アジアのポップス」。全4回、毎回アジアの国から1ヶ国をピックアップ、その国の大衆ポップスの歌詞にある「独特の英語表現」を解釈してみようというもの。

アジアには和製英語(日本)やシングリッシュ(シンガポール)など、現地の言葉やニュアンス、文化背景を通して生まれた新しい英語表現がある。「英語は外来のことば」なアジアだからこその、不思議で唯一な言い回し。おじさんの店先のラジオから、おねえさんのiPodから、家族の居間のテレビから、ほら、漏れ聴こえてくる。

***

「ゴミひとつ落ちていない」「マーライオンがいる」「高層ホテルの屋上にあるプール」が売りこみ文句のシンガポール。東京都よりも少し大きいくらいの国土に、年間1,850万人(2018年)の観光客が訪れる観光大国だ。この国を縦横するのは、観光客だけではない。中国系やマレー系、インド系、アラブ系、ヨーロッパ系などの多民族が移民として住み、チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなど、独自のコミュニティを形成している。

多民族国家・シンガポールの公用語の一つが英語(かつて英国に統治されていたことから)だが、シンガポールの独特英語「シングリッシュ」も忘れてはならない。マレー語や中国語、タミル語、他の言語からの影響を受けた、スラングのような英語で、文の語尾に「ラ(lah)」をつけたり(例:「オーケー、ラ(Ok, lah)」、文末を略したり(例:「ノニー(No need、必要ない)」)、カジュアル&ブロークン。シングリッシュで歌い、ポップスに“シンガポールっぽさ”を出した「ミスター・シンガポール」で知られる国民的シンガー・ソングライターのディック・リーもいる。正統派イングリッシュでも、異国さがでるシングリッシュでも、シンガポールの音楽に「英語」は欠かせない。
煌めいて★アジアのポップス最終回。混じりない英語でドリーミーに歌い上げるインディーポップ・バンドから、シングリッシュを織りまぜるヒップホップアーティストまで、シンガポールの“いま”を切り取るポップスの英語を紹介しよう。

※曲タイトル、歌詞の( )内の日本語は意訳です。

1、懐かしい甘酸っぱいサウンド充満。ドリームポップバンドが思いめぐらす「astronomy(天体と宇宙のこと)」

近年、沸騰中のアジアのインディーミュージックシーン。シンガポールからも、「東南アジアで最もユニークな現代ポップスの声」として注目のシンガー・ソングライター、チャーリー・リムが名を連ねるが。もう1組、インディーリスナーの耳を奪っているバンドがシンガポール出身の「Sobs(ソッブス)」だ。

紅一点のヴォーカリスト、セリーヌ・オータムを中心に、ジャレッド・リム、ラファエル・オングの3人で構成。2017年にバンド活動をスタート、同年6月に出したデビューEP『キャットフラップ』が米メディアから高い評価を得た。日本でも人気はじわじわと広がっており、今年1月には、日本のバンド「For Tracy Hyde(フォー・トレイシー・ハイド)」と一緒にツアーもおこなった。

90年代のインディーズを彷彿とさせるメランコリックなサウンドと、透明感あるボーカルが特徴的なソッブス。今回紹介するのは、代表曲『Astronomy(アストロノミー)』。

タイトル「astronomy(天文学)」が暗示するとおり、宇宙的世界観を背景として。

「I can’t understand. What’s going on in your head.(あなたがなに考えているのかわからない)」「But I want you back.(でもあなたに戻ってきてほしい)」など、恋に悩む複雑な心情が歌われている。

I think astronomy. Clouds in the galaxy. Closing in on me, and it’s spiraling.(宇宙について考えてるんだ。銀河系の雲。こっちに近づいて、ぐるぐる渦巻いている)」

(出典:Sobs『Astronomy』より引用)

答えが見つからないくらい果てしない宇宙。答えが見つからない恋心。ちなみに、同曲のMVは、V6からアジアのインディーバンドのMVまで、幅広く手がける映像作家のPennacky(ペンナッキー▶︎取材記事はこちら)が、ディレクターを務めた(日本で撮影)。

2、トム・ヨークにビョークが出てくる、ひねくれエモポップバンドの『Kawaii Hawaii(かわいいハワイ)』 

バンドプロフィールには「3 piece chicken nugget(チキンナゲット3個)」。そんなユーモアあふれる3ピースが、シンガポール発エモポップバンド「Forests(フォレスツ)」だ。いまどきっぽい青年たち、アダムとダリル、ニッキが2015年に結成したバンドで、曲の端々に散りばめられた自虐的なユーモアに定評がある。

米国のエモミュージック(2000年代に流行した、感情の起伏を激しく吐露する音楽ジャンル)と、アジアのフィーリングを融合させた」ような音楽だと自ら表現するサウンドは、キテレツなダンサブルポップスのようにも聞こえる。ちなみに彼ら、「ソッブス」のファンでもあるらしい。

現代アジアン・エモバンドの不思議な一曲が『Kawaii Hawaii(カワイイハワイ)』。英語というより、半分は日本語(Kawaii)だが。

出だしは、「I remember you once said that./ That Thom Yorke is the saddest man alive.(君があのとき言ったことを覚えているんだ。「トム・ヨークは、地球上で一番悲しい人間だね」って)」。

(出典:Forests『Kawaii Hawaii』より引用)

トム・ヨークとは「but I’m a Creep(でも、俺はウジ虫だ)」と歌った英バンド・レディオヘッドのボーカル。陰鬱なエモさを醸し出すトム・ヨークから曲がスタートするとは、さすがエモポップバンド。そのあとも「you’re the best I ever had in my stupid life.(君は、僕のバカな人生のなかで得た一番のもの」「excuse me, are you Björk. Cause you’re out of this world.(ごめん、君はビョークなのかな。この世のものとは思えないくらいすごいから)」などなど、褒めるにしてもひねくれ根性が。

結局、曲のなかには「Kawaii Hawaii(かわいいハワイ)」は出現せず。なにがハワイなのか、なにがカワイイのかわからなかったが、それも彼らのひねくれか?

3、“ライオンシティ”のラッパー王者がシングリッシュでラップ「Wah Lau!(オーマイガー!)」

最後に紹介するのは、ポップではなく、ヒップホップ。シンガポールのヒップホップ/ラップアーティスト、Shigga Shay(シガ・シェイ)の一曲だ。

10代のころからシーンで活動を開始したシガ・シェイは、地元の仲間たちと結成したヒップホップグループ、グリズル・グラインド・クルーとしても活動。『Lim Peh(お前の父さん)』という曲では、英語と中国語、福建語を織り交ぜたラップを披露。シンガポール国内のチャートで上位を占め、実力派ラッパーとしての地位を築いた。自身のプロダクション会社グリズル・フィルムスも立ち上げ、自分のMVも監督する。

そんなマルチラッパー、シガ・シェイのラップチューンは『Lion City Kia(ライオン・シティ・キア)』。同胞のラッパー、LINEATH(リニース)とAkeem Jahat(アキーム・ジャハト)とのフィーチャリングだ。ライオン・シティとは、シンガポールのニックネーム。キア(Kia)とは、福建語で「キッズ」。つまり、シンガポール・キッズという意味だ。出だしは「Welcome to Lion City, where we grew up HDB(ライオン・シティへようこそ。俺たちは、ここの団地で育ったんだ)」。HDBとは、シンガポールの公営住宅のこと。

自分の地元シンガポールをレペゼンするシガ・シェイ。「Born& Raised, Lion City Kia(生まれも育ちも、ここライオン・シティ)」。「Though everybody here, only listen to Jay Chou(みんなここではジェイ・チョウ〔中華圏で人気のメインストリーム歌手〕を聴いているけど」。

「Wah Lau!(ワーラオ!)」。「Homie gotta pronounce my name right.(地元のやつらは、俺の名前をちゃんと発音しろよな)」。

(出典:ShiGGa Shay『Lion City Kia』より引用)

んん、いま聞き慣れない言葉が…。「Wah Lau!(ワーラオ!)」ってなんだ? 「Wah Lau!」とは、シングリッシュで「Oh my god!(オーマイガー、まじかよ!)」の意味。地元を愛するライオン・シティ・ラッパーは、メインストリームポップスター、ジェイ・チョウのことを軽くシングリッシュでディスっている。

次回からスタートするのは、新シリーズ「B級フードの英語」。
世界共通、みんなの舌をたのしませる
〈安くて旨くて庶民の味〉な英語を試食してみよう。

▶︎これまでのA-Zボキャブ

▽煌めいて★アジアのポップス

「Lover Girl」「yesteryear」エンタメ大国インド、恋愛ソングとラップに溶けたスパイス。

「COME BACK HOME」「I’m Your Girl」元祖K-POP、感情℃×若気のむき出しに熱(ほて)る。

プラスティック・ラブ、スパークル。世界で大旋風〈シティポップ〉から漏れる、ろまんちっくな“エー単語”。

▽アイコンたちのパンチライン

「ぼくは、ただの“音楽を演る娼婦”」フレディ・マーキュリー、愛と孤独とスター性が導く3つの言葉。

▽懐かしの映画・ドラマ英語

俺の仲間たちよ—『時計仕掛けのオレンジ』『タクシードライバー』主人公らの名台詞(英語)を解剖。

Eye Catch Illustration by Kana Motojima
Text by Risa Akita, Editorial Assistant: Kana Motojima
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load