【今週のZINE】ミニスカにハイヒールの“彼女”が共犯者。「グラフィティ×女」が艶っぽいモノクロフォトジン『Partner in Crime』

Share
Tweet

「最凶カップル」としてその名を歴史に残す犯罪者カップル、ボニーとクライド。
情事も悪事も共に犯す、恋人であり共犯者。
彼らまでの悪事とまでいかずとも、“二人でするイケないこと”は、恋人に日常の一線を飛び越えさせることもある。

val_dana

 そんな男と女の危うさが漂うのが、フォトジン『Partner in Crime(パートナー・イン・クライム)』。
 全ページ白黒写真に収まるのはおもむろにスプレー缶を壁に吹き付けグラフィティする女たち、そしてタイトルは「共犯者」。

katy

「グラフィティというバンダリズム(破壊行為)は男がするもの。そんなステレオタイプを打砕きたかった」
 そう語るのは作者Austin Mcmanus(オースティン・マクマナス)。グラフィティ初体験の女たちにスプレー缶を渡し、思い思いに“バンダリズム”してもらったという。

 スカートにハイヒール、その手に握るのはスプレー缶。人目を盗んで、tagging(タギング)する“グラフィティ共犯者”のアブない姿は奇妙であってとってもセクシー。

alisha
katrina

「ジンのアイデアは“これまで自分が見たことのないものを見たい”という気持ちから生み出される」とジンを作って15年のベテラン、オースティン。彼が撮ったモノクロフォトで綴じられたジンには、「これまで見たことのないビジュアル」が放つ異様な美しさがある。

lindsey
hadley

 グラフィティする女に、シャッターを切る男。
 一人じゃ到底できないことだってパートナーと一緒だったら“やっちゃう”、そんな人間誰もが持つ「アブナイ心」を触発するジンだ。

amanda_k

Partner In Crime Zine

—————–
All images via Austin Mcmanus
Text by Shimpei Nakagawa,Edited by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load