【今週のZINE】オネエの個性がギラリ。ドラァグクイーン・カルチャーがつまったマガジン『VYM Magazine』

Share
Tweet

鋭い切り口と歯に衣着せぬ物言いで次々とぶった切るご意見番的な“オネエ”として日本でもすっかりお茶の間に定着した「ドラァグクイーン(女装家)」の面々。そんな“彼女ら”、型にはハマらない、非凡な才能の持ち主が多いと思いませんか。

VYM.Cover.WEB

 

 そんな一味も二味も違うドラァグクイーンたちの力強い個性を集めたマガジン『VYM Magazine(VYMマガジン)』がある。
 
 シアター畑出身のJohnny Velour(ジョニー・ベロア)とそのパートナーでコミック作家、ドラァグクイーンとしても活動するSasha Velour (サーシャ・ベロア)の二人がドラッグクイーン・シーンにフォーカスして作る、ブルックリン発のドラァグクイーンアートマガジンだ。

VYM1.PressQuality2.Spreads_Page_39
© Romey Benson (illustration), Ritsu Hirayama (embroidery), Jesus Ward (Photography), & VYM Magazine

 第1号ではドラァグクイーンやクィアアーティストとともに「“Drag(ドラァグ)”とは何か?」をテーマに、近日発売予定の第2号ではシーンの歴史やアウトサイダーであるからこそ生まれるユニークな価値観などについてアーティストたちに話を聞いた。

VYM1.PressQuality2.Spreads_Page_25
© Ben Bascom & Veronica Bleaus (words), Kinzie Ferguson & Becca Kacanda (images), & VYM Magazine
「メインストリームの外で生ける人々の美しさ、そしてそんな人々の作品を世に呈することはとても大切だと思うわ」

 コミック、フォト、インタビュー、詩で彩られたにぎやかな誌面でもって、この息苦しい世の中でドラァグクイーンたちが自ら作り上げた新たな「あり方」や「カルチャー」を提示する。
 社会という群れからはぐれたアウトサイダーたちは、世に沿わない生き方を見出し、結束し、独自の世界と価値観を育ててきた。

VYM1.PressQuality2.Spreads_Page_09
© Masha Bogushevsky (photos), K James (words), & VYM Magazine

 いつの時代も文化を創るのは、そんな「はみ出しもの」たちだ。

VYM Magazine

—————–
Text by Shimpei Nakagawa,Edited by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load