【今週のZINE】米国シングル女子が暴露する「出会い系アプリのヤバいメッセ」。シュールな赤裸々ジン『OkStupid(オーケー・ストゥーピッド)』

Share
Tweet

先日友人とバーで飲んでいると、彼女はこう漏らした。「OKCupid、もう退会しようかな。ロクな男いないし。でも続けちゃうのよね」

「OKCupid(オーケー・キューピッド)」はアメリカで人気の出会い系アプリ。右スワイプ・左スワイプでお馴染みの「Tinder(ティンダー)」と人気を二分する、シングルの味方だ。
 出会い系は食わず嫌いな筆者は、「おお、そうなんだ…」としか言えなかったのだが。

Emiliani - HEAPS - OkStupid - 01

 以前、▶︎「『あ〜いるいる、こんな男…』 出会い系のイタいメッセを漫画にしてみた。」で、OKCupidに棲息するアヤしい男たちをまとめた漫画を紹介したが、まだまだいました、懲りない男たち。
 今回紹介するジン『OkStupid(オーケー・ストゥーピッド)』にも、そんなヤツらの言動がポップなイラストで集められている。

Emiliani - HEAPS - OkStupid - 04

「いちストレート女子として、出会い系の経験をシェアしたかったの。ユーモアあり、おバカあり、皮肉あり、ツラさあり、本音ありの1冊にしてね。読者のみんなも共感できると思って」と語るのは、作者でボストン在住イラストレーターのJulia(ジュリア)ちゃん。

Emiliani - HEAPS - OkStupid - 03

Emiliani - HEAPS - OkStupid - 02

 誌面からは、ジュリアちゃんに寄せられた出会い系ユーザーたちからのもわわんとした熱気が…。
「I am wating for you dear.(君を待っているよ)」「Come Over.(来ちゃいなよ)」とのド直球なお誘いから、「Sooo I left my blowjob back at your place, can I come get it?(君の家におフ○ラを忘れてきたみたい。いまから取りに行ってもいいかな?)」や「Hey, I can be ur slave lol(ねえぼく、君の奴隷になってもいい笑)」と、よくもそんなこと言えました(拍手)なシュール発言まで。ここまでくるとその潔さに脱帽である。

Emiliani - HEAPS - OkStupid - 05

 やっちまった系メッセージを受け取っても、ズドーンと落ち込まず笑い飛ばしてしまおう。そんなカラッと前向きな気持ちにさせてくれるジンだ。

OkStupid

—————
All images via Julia Emiliani
Text by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load