インド生まれインド育ちの僕が撮る“インドの退屈な日常”の魅力。フォトジン『Concorde』

Share
Tweet

長く腰を据えるとどうしても「別に見なくてもいいや」と思ってしまう。今日も明日も多分このままの、自分のいる見飽きた街だ。インドの何気ない日常を写真で綴った「Concorde(コンコード)」、切り取られるのは「ストリートのバーバーショップで髭を剃ってもらうおっさん」や「半壊状態のアパート」。毎号、被写体は“ちょっと退屈”と思われがちな身近な風景ばかり。だが、退屈に見つけるおもしろさこそ地元の住人が逃しがちなたのしみかも、と教えてくれる一冊だ。

KKRI2565
KKRI2567

「現代人は自分のことに忙しく、日常生活に溢れる美しさを見落としがちです」と、作者でフォトグラファー、インドのハイデラバード在住のキショー。「画面上でモノを見ることが増えた彼らに、紙面上で母国インドの日常にある素晴らしさを発信したい」と、2015年から隔月で世界に向けて自費出版を続ける。タージ・マハルやガンジス川の沐浴を特集する旅行雑誌とは違い、気取らない被写体がリアルで土臭いインドが垣間見える。「インドで生まれ育った僕が、外人目線で世界遺産や観光名所でなく、ローカルの視点から地元を撮っているからね」。大学時代に異国で暮らした経験も、インド愛を一層強くした理由の一つという。そんな彼の毎号のインスピレーションの源は、街を散歩すること。


KKRI3198
KKRI6228-2
X17C2271

「インドは“エキゾチックな国“として定評がある。でも10億人以上のローカルにとって、ここはただの日常にすぎない。西洋の方がフォトジェニックな街に見えることもあるけれど、やっぱりインドの魅力は計り知れないんだ」。見慣れた日常も語り尽くされたと思われた場所にも、新たな魅力は発見できる。

Concorde
X17C7069
X17C7100

All images via Concorde
Text by Yu Takamichi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load