【今週のZINE】「縮れ毛、かわいいじゃん?」自分らしくいたいすべての女子に捧ぐフェミニズムジン『All Natural Hair Zine(オール・ナチュラル・ヘア・ジン)』

Share
Tweet

「Nappy(ナッピー)」という言葉をごぞんじだろうか。アッシー君やメッシー君のような調子で呼んでしまいそうなそれ、黒人特有の「縮れ毛」を指す用語だ。

スクリーンショット 2017-02-09 13.31.16

  実際、縮れ毛にコンプレックスを持つ黒人女性は多い。特に年配女性の大半が、ウィッグや縮毛矯正でストレートヘアにしているのだが、ここ数年ミレニアルズ世代の黒人女性を中心に盛り上がっているのが「natural hair movement(ナチュラル・ヘア・ムーブメント)」。
「back to nappy(縮れ毛に戻ろう)」を掲げ、縮れ毛をおしゃれにアレンジしたりして、あるがままの自分の髪に誇りを持とうというムーブメントだ。

 今回紹介する『All Natural Hair Zine(オール・ナチュラル・ヘア・ジン)』は、まさにそんな若いムーブメントが生み出したナッピーヘアスタイルジン。ケンタッキー州在住の黒人女子で“ナッピー”のRoechelle Adair(ロシェル・アデア)が作者だ。

me

 同誌では、ロシェルがリアル体験から学んだナッピーヘアお手入れのテクニックなどがまとめ上げられている。
 たとえば「ナッピーヘアのお手入れベストツール」。大きめのコームに、絡んでもつれた髪を解いてくれるデタングルブラシ、寝るときにシルクスカーフなど黒人の身だしなみにとって欠かせないアイテムを紹介。流行りのヘアスタイル本やファッション雑誌のヘア特集のような華やかさはないが、ナチュラルに美しくなることを素朴に説く。

il_fullxfull.823766656_gc1q

 ストレートヘア崇拝の親世代と一線を画す、ミレニアルズ黒人女子の「ナチュラル・ヘア・ムーブメント」。社会にある偏った認識や制約の中で、あるがままの自分でいよう・ナチュラルでいようと闘う姿に勝る美しさはあるだろうか。
 このジンに込められた「ナチュラルで美しく」はナッピーヘアの黒人女子だけでなく、ステレオタイプやコンプレックスに悩むすべての女子たちに届くのだ。

All Natural Hair Zine

—————
All images via Roechelle Adair
Text by Shimpei Nakagawa, Edited by HEAPS

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load