ユースカルチャー、サブカルチャー、人種問題。スポーツウェア、普段着の1着〈フーディー〉が纏う歴史と社会政治に袖を通す

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、オランダのロッテルダムにある美術館ヘット・ニュー・インスティテュートで開催中の『The Hoodie』。その名の通り、フーディー(フード付きのスウェット、パーカー)の展示だ。いまやファッションアイテムとして欠かせないフーディーだが、国や地域によっては犯罪の象徴として捉えられることがあったり、着用が禁止されていたりもする。同展では、そんなフーディーの社会政治的な役割について考察する。

元はスポーツウェアや労働着として着用されており、1930年代にスポーツウェアブランド「チャンピオン」が一般人向けに販売したことから人気を博した。同展のフーディーは、ファッションジャーナリズムの修士号を持つライター兼キュレーターのルー・ストッパード氏により厳選。館内を飾るのは「ヨウジ・ヤマモト」、「ラフ・シモンズ」、「ディオール」、「グッチ」などの高級ブランドから、「チャンピオン」、「ナイキ」などのスポーツ・ストリートブラントまでと、世界中のブランドから時代を反映するフーディーが揃う。フーディーが、いまやファッションやトレンドにおいてマストハブなアイテムとなったことへの象徴であろう。

社会の不公平さ、ユースカルチャー、サブカルチャー、人種差別、そしてスタイル。時代を定義するストーリーを語ってくれるフーディー。普段何気なく着ている1枚が、社会的・文化的に伝えるメッセージとは。展示を体験できるのは4月12日まで、の予定だったが、残念ながら現在は新型コロナウイルス感染対策のため一時閉館中。フードを被り、ヒープスのウェブ上でスクロールを楽しんでほしい。

Yohji Yamamoto, Sweater dress, c.1990. Collection of the Modemuseum Hasselt. Bag Carrier Cap, 1900 – 1940. Collection of the Museum Rotterdam. Cream-coloured hood, 1950-1970. Collection of the Museum Rotterdam. The Hoodie, 2019. Photo Johannes Schwartz.

Aitor Throup, Ganesh Hoody, 2008. Redevelopment of the original Ganesh Hoody featured in Throup’s 2006 collection ‘When Football Hooligans Become Hindu Gods’. RECONSTRUCT, SHRTSKRT HOODIE SKIRT, Retrograde Orbit collection Spring/Summer 2019. Raf Simons, Autumn/Winter 1997. Courtesy of David Casavant Archive. Raf Simons, Autumn/Winter 2004. Courtesy of David Casavant Archive. The Hoodie, 2019. Photo Johannes Schwartz.

Alessandro Michele for Gucci, Cruise 2017. Courtesy of Gucci Historical Archive. The Hoodie, 2019. Photo Johannes Schwartz.

Installation overview of ‘The Hoodie’ (Het Nieuwe Instituut, 01/12/2019 – 12/04/2020), featuring Hank Willis Thomas’ work ‘Scarred Chest’, 2003. Courtesy of the artist and Jack Shainman Gallery, New York. Photo: Johannes Schwartz.

Rick Owens, Mastodon, Autumn/Winter 2016. The Hoodie, 2019. Photo Johannes Schwartz.

Photo credit: John Akehurst. Lucy + Jorge Orta – Refuge Wear Intervention, London East End 1998

Prem Sahib, Umbra, 2019. Photo: Plastiques. Courtesy the artist and Jhaveri Contemporary

Devan Shimoyama, February II, 2019. Courtesy of De Buck Gallery, New York, NY and The Alison Katz Wolfson Family Collection, New York, NY; Aspen, CO.

From left to right: grey ‘TRAYVON’ hoodie issued and sold by the Trayvon Martin Foundation; Sasha Huber’s portrait of Trayvon Martin from the ongoing ‘Shooting Stars’ series; and Devan Shimoyama’s work ‘February II’ (2019), named after the month Martin was born, in the exhibition ‘The Hoodie’ at Het Nieuwe Instituut, 01/12/2019 – 12/04/2020. Photo: Johannes Schwartz. Devan Shimoyama, February II, 2019. Courtesy of De Buck Gallery, New York, NY and The Alison Katz Wolfson Family Collection, New York, NY; Aspen, CO. The Hoodie, 2019. Photo Johannes Schwartz.

Exactitudes 168. by Ari Versluis and Ellie Uyttenbroek – EUnify hoodie by Souvenir Official

John Edmonds, Untitled (Hood 13), 2018

Photo credit: Gio Staiano. Vetements Ready To Wear Fall Winter 2016

Model Adut Akech wears Balenciaga in i-D’s The Earthwise Issue, Fall 2018. Photograph: Campbell Addy. Styling: Alastair McKimm

—————
Text by Aya Sakai
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load