文化戦争やエイズ危機、セクシュアリティをアートに昇華。クィアアーティスト、ラリ・ピットマンの20年以上の美的表現法

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

1895年から開催されているイタリアのヴェネツィア・ビエンナーレや、ニューヨーク・ホイットニー美術館のホイットニー・ビエンナーレ、ドイツの小都市カッセルで開催されるドクメンタといった数々の国際美術展に出展経験のあるアメリカ人アーティスト、ラリ・ピットマン。20年以上ものアーティスト人生を振りかえるピットマンの大規模な回顧展が、ロサンゼルスのアーマンド・ハマー美術館で開催中だ。

タイトルは『Lari Pittman: Declaration of Independence』。コラージュやデコレーションなど、ピットマン初期の作品から、1990年代の文化戦争*やエイズ危機への応答として制作されたアイコニックな絵画作品。そして、近年手がけた哲学的な壁画スタイルの絵画まで100点を超える作品が展示されている。同館内の主要な展示スペースが、存命するたったひとりのアーティストによる作品で埋めつくされるのはこれが初の試みだ。
館長のアン・フィルビンは「ピットマンは並外れたアーティストであることにくわえ、教師としてもロサンゼルスのアートコミュニティの中で重要な存在です。彼の絵画は、歴史、政治、暴力、セクシュアリティなどのテーマを、時代性に反映させながら美的な方法で描きだします」と話す。

*銃規制、政教分離、同性愛、妊娠中絶など、国民の意見が両極化した状況。

コロンビア出身の母とアメリカ出身の父のあいだに生まれたピットマン。スペイン語と英語のバイリンガルとして育てられた彼にとって、言語と同じように絵画にも、その流動性が表れている。伝統的な油絵の手法とともに、スプレーペイントやステンシルを駆使。人間の体を描く際も、ときには具体的なシルエットを持つ一方で、時には二分化された性別を覆すような抽象的な形を使ったり。クィア男性として生きる自身のアイデンティティが表現されている部分も多い。彼の世界はゲイもストレートも、過去も現在も、苦味も甘さも、常に共存しているのだ。

作品の根元にあるのは「怒り」だ。世界で永遠に繰りかえされる無頓着な暴力に対するやりきれない怒り。植民地征服に使われた暴力、米国とコロンビアが共に共有する歴史、エイズ危機における同性愛者を“見捨てる”という暴力、そして銃による暴力。それでも「根本的な原因ではなく、それに付随して起こることを描くのが好きなんだ」とピットマン。「それはアメリカが歩んできた歴史の新たな見方になるかもしれない」。

Lari Pittman, This Wholesomeness, Beloved and Despised, Continues Regardless, 1990. Acrylic and enamel on mahogany. Two panels, 128 × 96 × 2 in. (325.1 × 243.8 × 5.1 cm) overall. Los Angeles County Museum of Art, purchased with funds provided by the Ansley I. Graham Trust. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Dennis Cooper, Jonathan Hammer, and Lari Pittman, have you seen . . . , 1991. Artist book with leather cover inlaid and onlaid with sharkskin, stingray skin, plastic, and paper, tooled in gold, silver, and palladium, full suede doublures. Closed: 18 1⁄2 × 15 × 3⁄4 in. (47 × 38.1 × 1.9 cm); sheet: 18 1⁄2 × 15 in. (47 × 38.1 cm); slipcase: 19 1⁄4 × 15 1⁄4 × 1 1⁄2 in. (48.9 × 38.7 × 3.8 cm). UCLA Grunwald Center for the Graphic Arts, Hammer Museum, Los Angeles. Gift of Brenda R. Potter. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Transfigurative and Needy, 1991. Acrylic and enamel on mahogany. 82 x 66 in. (208.3 x 167.6 cm). Collection of Gary and Tracy Mezzatesta. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Untitled #16 (A Decorated Chronology of Insistence and Resignation), 1993. Acrylic, enamel, and glitter on wood. 84 × 60 1/16 in. (213.4 × 152.6 cm). Whitney Museum of American Art, New York. Gift of Peter Norton © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Once a Noun, Now a Verb #5, 1998. Matte oil on mahogany. 48 × 36 in. (121.9 × 91.4 cm). Museum of Contemporary Art, Los Angeles. Gift of Alan Hergott and Curt Shepard. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Untitled #4, 2003. Acrylic, oil, and spray paint on gessoed canvas over wood. 102 × 76 in. (259.1 × 193 × 5.1 cm). Private collection. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Untitled #8 (The Dining Room), 2005. Cel-Vinyl, acrylic, and alkyd on gessoed canvas over wood. 86 × 102 in. (218.4 × 259.1 cm). Collection of Christen Sveaas. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Untitled #5, 2010. Acrylic, Cel-Vinyl, and spray paint on gessoed canvas over wood. 102 x 88 in. (259.1 x 223.5 cm). Hammer Museum, Los Angeles. Purchase. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, Maladies and Treatments, 1983. Oil, acrylic, and gold leaf on paper, mounted on mahogany. 53 1⁄2 × 108 in. (135.9 × 274.3 cm). Collection of Tracy and Gary Mezzatesta. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, The Senseless Cycles, Tender and Benign, Bring Great Comfort, 1988. Acrylic and spray paint on wood. 96 x 64 in. (243.8 x 162.6 cm). Art Institute of Chicago. Gift of Cari and Michael Sacks. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman, How Sweet the Day After This and That, Deep Sleep Is Truly Welcomed, 1988. Acrylic, enamel, and five framed works on paper on wood. Three panels, 96 × 192 in. (243.8 × 487.7 × 5.1 cm) overall. Collection of Matthew C. and Iris Lynn Strauss, Rancho Santa Fe, California. © Lari Pittman, courtesy of Regen Projects, Los Angeles

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

Lari Pittman: Declaration of Independence, installation view, Hammer Museum, Los Angeles, September 29, 2018–January 5, 2020. Photo: Jeff McLane

—————
Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「男性誌はというと、相変わらずで」。プレイボーイ元編集者と髭剃りブランドが“お金にならないカルチャー誌”をやる大切な理由

「#MeToo」ムーブメント後に、米国で急成長しているウェブマガジンがある。扱うトピックは、おちんちんの話からメンタルヘルス、デジタルカルチャー、政治まで幅広い。そしてその編集長、米男性誌『プレイボーイ』の元編集者だ。探…
All articles loaded
No more articles to load