韓国・中国・ベトナム出身の女性アーティスト3人がもしも出会ったら。民族と文化が交差する“架空の出逢い”を描く展覧会

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

2018年に開館したばかりの「タイムズアートセンター・ベルリン」。中国広州にある「時代美術館」の分館として建てられた同館は、アジアに拠点をおく美術館が初めて海外に建てた現代美術機関となる。

そんな記念すべき館が現在開催しているのは、『Neither Black/Red/Yellow Nor Woman』。現代アーティスト18名による展覧会だ。コンセプトは、韓国出身のテレサ・ハッキョン・チャ(1951-82)、中国出身のパン・ユリャン(1895-1977)、ベトナム出身のトリン・T・ミンハ(1952-)という3人のアジア人女性アーティストの架空の出逢い。彼女たちのアーカイブ作品を現代的な方法で見せながら、アーティストとして自らの声を探し求め、アイデンティティの行きづまりに苦しみながらも、文化的、地理的、歴史的文脈を先頭で率いてきた物語が描かれる。

アイデンティティ・ポリティクスといわれる、人種・性別・民族性に基づいた社会的運動がより熾烈化し、対立を招きかねない敵対的な善悪二元論を生みだしてしまっている現代。こんな時だからこそ、第二次世界大戦前後のポスト植民地時代、冷戦によって引きおこされたカオティックな地域分断などを生きぬいた3人の女性アーティストによる国境を超える旅は、新たな視点を提示してくれる。

Yuanyuan Yang & Carlo Nasisse
Coby and Stephen are in Love (Work-in-progress), 2019
Video still
Single-channel HD video, color, sound, 46’26’’
Editor: Alex Winker
Featuring: Coby Yee, Stephen King
© Yuanyuan Yang & Carlo Nasisse

Chitra Ganesh
She the question, her head in flames, 2012
Print
Courtesy the artist
© Chitra Ganesh

Sylbee Kim
The Red Liquid and Narcissus, 2017
Video still
2-channel video, 4K, color, sound, 4’50”, 3’40”; jellies, sponges, moss, watercolor, mirror
Performer: Louise Guigon
© Sylbee Kim

Neither Black / Red / Yellow Nor Woman
Installationsansichten / Installation views
Foto / Photo: @graysc.de
© Times Art Center Berlin

Neither Black / Red / Yellow Nor Woman
Installationsansichten / Installation views
Foto / Photo: @graysc.de
© Times Art Center Berlin

Neither Black / Red / Yellow Nor Woman
Installationsansichten / Installation views
Foto / Photo: @graysc.de
© Times Art Center Berlin

—————
Text by Haruka Shibata
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load