当時、欧米のプロ写真家の陰で。ブラジル、週末“アマチュア”写真団FCCBが撮った、戦後サンパウロ急成長期

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、MOMA(ニューヨーク近代美術館)で現在開催中の『Fotoclubismo: Brazilian Modernist Photography, 1946–1964』。60点以上のモノクロ写真が展示されている。すべての作品がプロの写真家によるものではなく、アマチュアの写真家グループである「Foto-Cine Clube Bandeirante(以下、FCCB)」による作品というのが本展覧会の特徴。

FCCBは、1950年代にブラジル・サンパウロで活動したアマチュア写真家グループ。彼らはブラジル国内ではよく知られているが、他国ではほとんど知られていない。FCCBのメンバーは、平日は会計士やジャーナリスト、エンジニア、生物学者、銀行員として働き、週末にみんなで集まって写真を撮影していた。そしてメンバーの多くは女性だった。メンバーにとって写真は仕事ではなく、あくまでも趣味の一つであったが、さまざまな表現方法を学び、写真を通して芸術的な表現を試みた。

展示されている作品は、第二次世界大戦後のサンパウロが巨大都市に成長する時代に撮られたもの。欧米の影響を受け、急速に変化していく街の様子を映し出している。特に、独創的な写真の構図がおもしろい。シルクハットを被る人やドレスを着る人が格子状の階段に座って、なにかを見ているシルエットを撮影した『Circense』。美しい曲線を描く路面電車の線路を俯瞰(ふかん)的に映した『Rails』。水面に映る高層ビル群の不思議な形が見てとれる『Skyscrapers』。

FCCBのメンバーは、写真に対して真摯に向きあい、美的にも技術的にも優れたものを持っていた。一方で、当時、評価される作品の多くがヨーロッパやアメリカのプロの写真家によるものであり、アマチュアに対するバイアスが存在するという現実もあった。さらに、1964年にブラジル国内で軍事独裁政権が始動したことにより、ブラジルの写真界は陰りを見せることになった。

1950年代のサンパウロの雰囲気に浸ることもできれば、国籍やプロとアマチュアの区分を理由に軽視されてきた写真の歴史を知ることもできる。また、スマホの普及によって写真表現をする人口が爆発的に増加し、アマチュアの区分があいまいになっている現在と照らし合わせることもできる。見方によってさまざまな楽しみ方ができる、非常に示唆に富んだ展覧会だ。開催は9月26日まで。


Julio Agostinelli
Circus (Circense)
1951
Gelatin silver print
11 7/16 × 15″ (29 × 38.1 cm)
Acquired through the generosity of Richard O. Rieger
274.2016
Classification: Photograph


André Carneiro
Rails (Trilhos)
1951
Gelatin silver print
11 5/8 × 15 9/16″ (29.6 × 39.6 cm)
Acquired through the generosity of José Olympio da Veiga Pereira through
the Latin American and Caribbean Fund
278.2016
Classification: Photograph


Maria Helena Valente da Cruz
The Broken Glass (O vidro partido)
c. 1952
Gelatin silver print
11 7/8 × 11 1/2″ (30.2 × 29.2 cm)
Acquired through the generosity of Donna Redel
671.2019
Classification: Photograph


Geraldo de Barros
Fotoforma
1952–53
Gelatin silver print
11 13/16 × 15 1/8″ (30 × 38.4 cm)
Acquired through the generosity of John and Lisa Pritzker
251.2005
Classification: Photograph


Thomaz Farkas
Ministry of Education (Ministério da Educação) [Rio de Janeiro]
c. 1945
Gelatin silver print
12 13/16 × 11 3/4″ (32.6 × 29.9 cm)
Gift of the artist
111.2014
Classification: Photograph


Palmira Puig Giró
Untitled
c. 1960
Gelatin silver print
15 3/8 × 11 1/16″ (39.1 × 28.1 cm)
Agnes Rindge Claflin Fund
460.2019
Classification: Photograph


Aldo Augusto de Souza Lima
Vertigo (Vertigem)
1949
Gelatin silver print
11 × 14 3/4″ (28 × 37.5 cm)
Acquired through the generosity of James and Ysabella Gara in honor of
Donald H. Elliott
281.2016
Classification: Photograph

—————
All images via MoMA The Museum of Modern Art
Text by Shunya Kanda
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load