18世紀のラブとセクシュアリティ〈人間の性(さが)性(せい)〉の自由と悦び300年、絵画や骨董で触れてみて

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

スイス国立博物館を構成する三館のうちの一つ、プランジャン城。18世紀に建設されたこの城は、国内で一般公開される城のなかで最大を誇る。大きな家庭菜園が隣接する緑豊かな城内の美術館では現在、18世紀の愛と性に関する展覧会「『A Matter of Affinity – Love and Sexuality in the 18th Century』」が開催中だ。

今日のセックスといえば、子孫を残す行為にくわえ、自らの快楽や悦びを探求する行為として人々は大切にする。マーケティング用語にも「Sex Sells(セックスは売れる)」とあるように、経済にも影響力は大きい。いまから300年ほど前ではどうだったのだろう。教会の影響力が衰え、道徳が再定義されつつあった時代だ。性に関するものへの罰則や、善悪の境界線などが揺れ動いていたという背景がある。

同展では、スイスの歴史画家ルドウィック・ボーゲルの絵画や、スイスの彫刻家フランツ・アントン・ブステッリの陶器といった芸術や調度品のコレクションが公開。18世紀の愛と性のあり方や表現の仕方を暴いていく。

また興味深いのは、当時の書物から性のエキスパートたちをフィーチャーしているところ。たとえば生涯で1,000人の女性と夜をともにしたというヴェネツィアの作家ジャコモ・カサノヴァは、スイスでの旅路で経験した数々の性的な出会いを記録。さらにスイスの有名医師サミュエル・オーギュスト・ティソは書籍『オナニスム』にて、自慰行為の悪影響について医学的に記している。

プロテスタント主義により、夫婦間での性行為以外は犯罪とされていた17世紀。ポルノ作品の登場や、個人の思考・欲求を描くロマン主義が絵画に反映されはじめた18世紀。300年以上を経て、性に対する自由と歓びへの渇望はこうもさまざまに変化していったのだ。

Affiche Exposition temporaire Et plus si affinités… Amour et sexualité au 18e siècle © Musée national suisse

Ludwig Georg Vogel (1788-1879), Joyeuse compagnie dans une taverne, 19e siècle, dessin à la plume et lavis, Zurich.

Piguet et Meylan (attribuée à), Montre à automate et musique, or, émail, perles, laiton, poinçon FO dans un losange et No 8280 dans le fond du boîtier, vers 1820, Genève. © Musée international d’horlogerie, La-Chaux-de-Fonds

«Fidélité, sois mon dernier mot», témoignage d’amour d’Elisabeth Wild, 1810, Stäfa (ZH), découpage peint. © Musée national suisse

Johann Heinrich Hurter, Diane au bain, reproduction d’après un modèle italien du 17e siècle [?], 1776, peinture sur émail. © Musée national suisse

Franz Anton Bustelli (d’après un modèle de), L’espion à la fontaine, vers 1756, groupe de porcelaine peinte, Nymphenburg. © Musée national suisse

Salomon Freudweiler (céramiste) d’après Johann Jakob I ou II Kuhn, Catelle de poêle : scène galante et escarpolette, 2e moitié 18e siècle (?), faïence peinte. Zurich. © Musée national suisse

Antoni Zanet, Lit d’angle à baldaquin avec extension appartenant à Balthasar von Planta, 1650, bois sculpté et marqueteries. Suisse (GR). © Musée national suisse

—————
Text by Rin Takagi
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load