“子どもとともに成長する服”が登場。「浪費・廃棄ゼロ」のスローファッション子ども服「Jake + Maya Kids」

Share
Tweet

子育てあるある、「すぐに着られなくなる子ども服問題」。我が子がすくすくと成長する姿に胸がいっぱいになると同時にこれまた“いっぱい”になるのは、まだまだ着られるのに小さくなってしまった子ども服たち。

Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_Header_Lo

 すぐ着られなくなるとわかっていても「かわいい服を着させてあげたい」。それは日本全国、いや世界中の親御さんの親心ではないだろうか。
 服を無駄にしたくない、でも…。そんな追年の悩みとも遂におさらばかもしれません。地球に優しいエコと親御さんの“エゴ”を同時に実現、誕生したのは、ありそうでなかった「スローファッション子ども服」。

Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_2_Lo

「世界で最もサステイナブルな子ども服ブランド」とうたうロンドンの「Jake + Maya Kids(ジェイク + マヤ・キッズ)」だ。デザイナーは、ブランド名にもなっている双子のジェイクとマヤの母、ツェー・チン・イェン(Tze Ching Yeung)。二人を育てる生活の中で、身をもって経験した親の悩みに対し、「成長が著しい子どもたちのためのスローファッション(Slow Fashion for Fast Growing Kids)」をテーマに、サステイナブルな子ども服を制作中だ。ママデザイナーならではの子ども服を見てみよう。
 まずはウエスト、アジャスターつきのバンドで伸縮自在に。さらに、成長に合わせて長さを自在に調整できる袖やズボン裾で見事に同じ服が変形可能になっている。

Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_5_Lo
Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_10_Lo

 

 長く着られることでもずいぶん嬉しいが、“世界で最も”をうたうからにはこのブランド、そのサステナビリティにはもうひとふた工夫ある。
 エシカルといえば素材へのこだわりだが、ここは地元企業とのパートナーシップによりオーガニックで再利用可能な生地のみを使用。

9f50d2f4c4c4e06ce32527b53be22783_original
左が通常の、右が同ブランドの廃棄量

 デザインにおいては、4歳の男の子であろうが、10歳の女の子であろうが性別や年齢関係なく着られるよう、「ユニセックス」なデザインに落としこまれているので、兄妹間で共有もOK。そういえば、昔無理やりおさがりを着せられてなんともチグハグな子もいたなあ(それはそれでかわいいんだが)。また、着脱のしやすさやポケットなどの機能性も考慮されて作られているというからうれしい。

Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_6_Lo
Jake_and_Maya_Kickstarter_Sustainable_Kids_4_Lo

 服の買い足しでかさむ出費と、着られなくなった服を捨てるという廃棄、どちらのゼロ化もすすめながら、「かわいい服を着させたい」という親の欲まで叶えてくれる。「ジェイク+マヤ・キッズ」は、子ども服界に舞い降りたスローファッションの救世主だ。

Jake + Maya Kids

—————
All images via Jake + Maya Kids
Text by Shimpei Nakagawa
Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load