我が家の“いらないチラシ”が「ノート、タオル、Tシャツになって戻ってくる!」楽に実行、超身近なアップサイクルサービスが誕生

Share
Tweet

サステナブルやエシカル、ソーシャルグッド。あらゆる横文字が日本でもこれだけ日常的に耳に入ってくる現代、環境にやさしいこと、社会にいいことをするのが筋なのはわかっている。重々わかっているのだけれども、実際、何すればいいの? 何からはじめればいいの?

detail_2826_1496689334

 そんな“エシカルビギナー”にぴたりとはまるのが、今年9月よりスタートする「e-pod(イーポッド)」。自宅にある不要なチラシや古紙、新聞紙、配布物などを専用の箱に詰めて送るだけで、そのゴミから生まれ変わった“還元アイテム”が届けられるというサービスだ。

detail_2826_1496305120

 イーポッドの良いところは、自分のゴミが、きちんとリサイクルされた!という事実が、文字通り目に見え、手に取ることができること。「ゴミの分別をしたって結局どう処理されるんだろう…」といった不透明な部分が至極クリアだ。還元アイテムの中身も、トイレットペーパーやティッシュ、タオル、メモ帳、ノート、レターセット、ブックカバー、雑巾、汗拭きシート、Tシャツなど毎日使う生活必需品。え、ゴミがこんな使えるものに生まれ変わるなんてー「資源は自分たちで生み出せる。しかも身近なモノから生み出せる」を手間暇かけずに無理せずにアップサイクルできるのだ。しかも、ちゃんと自分の家に戻ってくるから、環境のためというちょっと遠いところから、節約にもなるし「自分の家にもグッド」とだいぶ身近になり、これこそ持続可能なリサイクルだ。

detail_2826_1496305002

 ファッションを通してエシカルやサステナブルが浸透するのも、エシカルでサステナブルな服を纏うだけで、気軽に自然保全や社会に「貢献した」が実感できるから。“エシカルしないと…”と肩に力を入れずに、ゴミをサッとイーポッド。「環境・社会に貢献」がここまで気軽に身近に感じられるから、エシカル三日坊主にならないこと間違いなし。手元に不要なチラシがあるあなた、もう「貢献する」準備はばっちりです

e-pod(イーポッド)

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load