「“違う”ことに驚くほど嫌悪感を示す僕の国」23歳、同性愛厳禁への挑発。タブーだらけのウェブマガジン『A Nasty Boy』

Share
Tweet

世界でもっとも同性愛に厳しいといわれる地域の一つがアフリカだ。2017年現在もなお、アフリカ大陸にある54ヶ国のうち、38ヶ国で同性愛が“非合法”、ナイジェリアでいえば13年に同性婚禁止の法案が可決。同性愛が発覚すれば、14年以下の懲役が課せられるというのだ。

A Nasty Boy : Ofure Ighalo
A Nasty Boy/Ofure Ighalo

 この状況にアフリカのクリエイティブなクィアキッズたちは黙っていなかった。ナイジェリアのLGBTQシーンに焦点を当てるファッションオンラインマガジン『A Nasty Boy(ア・ナスティ・ボーイ)』。「職場で開くとマズいものもあるからね」と挑発的だ。
 
「ナイジェリアはとても保守的な国。“違う”ということに対して驚くほどに嫌悪感を示すんだ」。いわゆる“男の子”ではなく、人と違うことを理由にずっといじめられっ子だったという、同誌ファウンダーのリチャード・アクソン(23歳)。若いながらも自身の経験を元に、アフリカにこびりつく“違いに対するアレルギー反応”と闘おうとマガジンを立ち上げた。

_X2A0250 copy
Zeus Feni:Owethu Mentoor
Zeus Feni/Owethu Mentoor

 同誌面には、ナイジェリア発のファッションブランドを纏いアイメイクをキメた息を飲む美男子に、ヌードフォト、尖ったワードチョイス。公共の場でのヌード表現なんてもってのほかな土地において、彼らのクリエイションがどれほどセンセーショナルで、物議を醸すかは想像に容易い。

nast1
12
Wavy The Creator @wavythecreator

 同性愛に対しての弾圧に臆するどころか、挑発をかます『ア・ナスティ・ボーイ』。いい意味で生意気に啖呵を切る若き彼らの“nasty”は、本来の意味の“不快”でなく、スラングの“最高にカッコいい!”を個性豊かに体現しているのだ。

A Nasty Boy

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load