「街全体がワーキングスペース」に。気分で「仕事場をはしご」できる新たなコワーキングプロジェクト「via-at(ヴィアート)」

Share
Tweet

10年前にサンフランシスコで産声をあげてから、世界各地で、そして日本でも続々と誕生しているものといえば、スタートアップやフリーランスの味方「コワーキングスペース」だ。

「気軽に一人からオフィスシェア」という本来の機能を飛び越え、最近では「泊まれる宿泊型」や、“女性専用ラグジュアリー”コワーキングスペース、ジムやボルダリングが併設されたシェアオフィスなど、コワーキングスペースも実にユニークに進化している。

detail_2680_1493078816

 今年7月より日本国内にてサービスを開始する「via-at(ヴィアート)」も、こと新しいコワーキングスペースの一つ。でもこれ、いままでの概念より頭一つ抜きん出るほどユニーク。「街全体」があなたのワーキングスペースになる、というからだ。

 従来の「コワーキングスペース」が、ある“特定の空間”をみんなでシェアするのに対し、このサービスでは「ヴィアートスポット」と呼ばれる街中のカフェやコワーキングスペース、フィットネス、ショールーム、レストランを仕事場にできる。「スペースごとの手続き不要・モバイルアプリで支払い」と、立ち寄ったヴィアートスポットですぐに仕事ができるのだ。

detail_2680_1492100532

 その日の都合や気分で“働く場所”を選ぶことができるのはもちろんのこと、たとえば、出先の知らない街で「Wifiが急に必要になった!」のに「Wifiがあるカフェが全然見つからない!」なんてあるあるも、「ヴィアート」が一気に解決してくれる。

 現時点で「ヴィアート」に登録されているスポットは、銀座の中心部にあるカフェ併設のコワーキングスペース「the SNACK(ザ・スナック)」や、日本ではじめてとなる働けるフィットネスクラブ「Co-next(コ・ネスクト)」、トレーニングルームを併設するカフェ「BROS TOKYO(ブロス・トウキョウ)」など計5つのスポット。

detail_2680_1493080061
detail_2680_1492094157

 まだ数としては少ないが、やがては「各都市で、そして観光地で、出張の際にも、旅行の時にも、そこにあるヴィアートスポットにアプリでチェックイン・アウトするだけ。そんなマルチローケーションのサービスを目指している」と、主要都市・地方でもエリアを問わずサービスを展開していく予定だ。

detail_2680_1493023396

 365日ノマドワーカーも週末ノマドワーカーも、気分や都合で働く場をカスタマイズできる「ヴィアート」で“仕事場のはしご”、してみてはいかが。

Via-at

—————
Text by Shimpei Nakagawa
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load