スナップ写真からアート表現、セルフポートレートまで。国際写真センターが厳選した〈ポートレート、自身を映し出す鏡〉

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、ニューヨークダウンタウンにある国際写真センター「ICP」で開催中の、「YOUR MIRROR: Portraits from the ICP Collection」。ICPの所蔵コレクションのうち、ポートレート写真に焦点を当てた展覧会だ。

写真文化の中でもポートレートは古くから存在するジャンル。現代ではポートレートよりもセルフィーと言った方がしっくりくるかもしれない。写真文化の発展とともに、私たちは記録、自己表現、自己発信の手段としてポートレートを撮ってきた。

この展示では、19世紀の銀板写真(ダゲレオタイプ)から21世紀に散乱するセルフィーまでを幅広く“ポートレート”と呼ぶ。記録写真やスナップ写真、自己表現の手段としての写真、FBIの指名手配写真まで、時代、背景、理由が交差した、多種多様なポートレートと巡り合うことができる。カメラというメディアを通じて私たちはなにを表現するのか? 写真に写ったそれぞれの顔はなにを訴えかけるのか? 一枚いちまいの写真を見つめ、カメラに向けられた視線と表情に向き合うことで、改めてポートレート、そしてセルフィーについて考え直す機会かもしれない。ヒープスは、先日、本展のアシスタント・キュレーターを訪ね、「ポートレート写真」をテーマに取材をした。近日中に記事も公開予定だ。


Stephen Barker, Rod Sorge, September 29, 1991. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by Jack Shear, Joe Baio and Anne Griffin, Roy Thompson, Alessandro Uzielli , and Willa Shalit and A. James Heynen, 2018 (2018.32.1) (c) 2017 Stephen Barker


Samuel Fosso, Self Portrait, 1977. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by the ICP Aquisitions Committee, 2004 (19.2004) © Samuel Fosso, Courtesy JM Patras/Paris


Benjamin W. Fowler, [Unidentified Woman], ca. 1910. International Center of Photograph, Gift of Daniel Cowin, 1990 (1180.1990)


Consuelo Kanaga, She Is a Tree of Life to Them, 1950. International Center of Photography, Gift of Wallace Putnam, 1982 (21.1982) © Brooklyn Museum, Gift of Wallace B. Putnam from the Estate of Consuelo Kanaga


Marc Riboud, [Anti-Vietnam war demonstration, Washington], October 21, 1967. International Center of Photography (11.1975) © Marc Ribouc/ Magnum Photos


Paul Mpagi Sepuya, Self-portrait study with roses at night (1709), 2015. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by the ICP Acquisitions Committee, 2017 (2017.21.1) ©Paul Mpagi Sepuya


Sheng Qi, Memories (Me), 2000. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by Anne and Joel Ehrenkranz, 2004 (7.2004) © Sheng Qi


Annegret Soltau, Self, #9, 1975-76. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by the ICP Acquisitions Committee, 2018 (2018.13.1) © Annegret Soltau, VG BildKunst, Bonn, Germany 2019


Southworth & Hawes, [Unidentified Woman], ca. 1845-50. International Center of Photography, Gift of Samuel Lehr, 2010 (2010.123.2)


Christer Strömholm, Jacky, Paris, 1961. International Center of Photography, Gift of the Christer Strömholm Estate, 2012 (2012.32.1) © Christer Strömholm/The Strömholm Estate, www.stromholm.com


Unidentified Photographer, Missing: Call FBI, June 29, 1964. International Center of Photography, Anonymous Gift, 2005 (10.2005)


Unidentified Photographer, I Sell the Shadow to Support the Substance. Sojourner Truth, 1864. International Center of Photography, Purchase, with funds provided by the ICP Acquisitions Committee, 2003 (182.2003)


Unidentified Photographer, [Unidentified Woman at “Beach”], ca. 1880. International Center of Photography, Museum Purchase, 2009 (2009.3.1)


Gift of Daniel Cowin, 1990


Nontsikelelo Veleko, Nonkululeko, 2003-2004. International Center of Photography, Purchase with funds provided by Gregory Miller, 2005 (2092.2005) ©Nonstikelelo Veleko/Courtesy of AFRONOVA Gallery


Weegee, [Man arrested for cross-dressing, New York], ca. 1939. International Center of Photography, Weegee Archive (116.1982). © Weegee/International Center of Photography


Weegee, [Frank Pape, arrested for strangling boy to death, New York], November 10, 1944. International Center of Photography, Weegee Archive (2068.1993). © Weegee/International Center of Photography

Text by Anna Sasaki
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load