文化、政治、コミュニティの震源地〈ストリート〉140のアーティストが表現する『ザ・ストリート。世界が作られた場所』

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

今回紹介するのは、古くから文化の中心地であるローマのイタリア国立21世紀美術館(通称MAXXI)にて開催中の展覧会、「THE STREET. WHERE THE WORLD IS MADE」。古くからストリートは人々が出会い、思想や革命が生まれる場所だった。そんなストリートをテーマに、文化、社会、政治の交錯を多国籍のアーティストたちが描き出す。

都心の大通りから地方の商店街まで、人々が行き交い、喧騒が絶えない。それがストリート。そしてストリートが在るところではいつだって文化が生み出されてきた。道の端で人が集まれば、議論が始まる、プロジェクトが生まれる。革命だって、起こるのはいつもストリート。抑えきれない群衆の怒りがストリートに溢れかえるごとに、私たちの社会は少しずつ、時には大きく変化してきた。

140ものアーティストの200以上の作品をフィーチャーするこの展覧会では、日常や市民のアクション、政治、コミュニティ、イノベーションなどさまざまな視点からストリートを美術館内に再現。文化や歴史の交差やその複雑さを作品にするアローラ&カルサディーラのアーティストユニットや、都市での生活を送る人々へ焦点を当てた作品で有名なフランシス・アリス、映像作家のローザ・バルバや、故郷と政治について扱うヤエル・バルタナの作品が展示されている。

「ストリートこそが発想の原点である」。芸術でもって思想を表現するアーティストたちががそう豪語するのが聞こえてくるような展覧会だ。












—————–
All Photos by Musacchio Ianniello, Courtesy Fondazione MAXXI.

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「可視化されていない時代の感覚を、僕らはどう言語化していくか」トライ&エラーを協働する企業と編集者、ソニー×若林恵

「そもそもね、僕らに“伝えたいことがあってはじめた”、というわけではないんですよ」。 企業の伝えたいことを、より魅力的に言語化して届けるために〈企業と編集者〉が組むことは、近年の常套。その関わり方を大きく飛び越えて「何が…
All articles loaded
No more articles to load