勝手にデザインしやがれ!! フライヤー、ポスター、ピンズetc 商業メインストームに楯突いたパンク・グラフィックの飄々40年

Share
Tweet

ニューヨークとロンドンでパンクが誕生してから40年あまり。パンクは「退廃的で挑戦的で衝動的な音楽」や「反骨精神をむき出しにするアティチュード」「世の中でまかり通る“正しいこと”を疑い自分たちの正しさをDIYする精神」などを生み出し、社会を突き動かした。そしてそこに追加したいのが「デザイン」。ニューヨークの美術館「ザ・ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン」で開催中の特別展『Too Fast to Live, Too Young to Die: Punk Graphics, 1976-1986』は、パンクをデザインという切り口からぶった切る。

同展では、パンクバンドやミュージシャンのフライヤーやポスター、アルバムカバー、ジン、ピンズなど400以上の“パンク・グラフィック”を展示。「メインストリームメディアにはびこる商業的な艶やかさに挑戦状を叩きつける」かのようなパンク・デザインの目ん玉へのパンチ力。セックス・ピストルズのエリザベス女王の写真を元にした挑発的なコラージュをはじめ、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、ザ・ダムド、エルヴィス・コステロ、キリング・ジョーク、ザ・キュアー、サイケデリック・ファーズ、ザ・フォール、ヒューマン・リーグ、セレクター、スパークスら英国勢の冴えわたったポスター。ジョイ・ディヴィジョンやニューオーダーらマンチェスターバンドのアートワークを中心に手がけたグラフィックデザイナー、ピーター・サヴィルのアルバムアートワーク。NYパンク集団ラモーンズのビジュアル担当で“5人目のラモーン”と呼ばれたアルトゥーロ・ベガのメンバーの似顔絵。リチャード・ヘル、ブロンディ、ランナウェイズ、クランプス、ディーヴォ、トーキングヘッズらアメリカ勢も応戦する。扇動的なパンクの音・作り手の裏に扇動的なグラフィックあり。セックス・ピストルズのジョン・ライドンは同展に「“パンクアート”だって? どんなもんかまったく想像つかないわ。見てみるっきゃねえな!」とコメントを寄せている。これはもう、見てみるしかないな。



Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Image via the Museum of Arts and Design

Text by Risa Akita
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load