機械のように生きる人、逃げ場のない人、空虚さを感じる人。画家・石田徹也が絵画へと昇華した〈社会が抱える孤独や不安〉

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」をお届け中。
Share
Tweet

建築家の安藤忠雄が内部を新しくデザインしたことでも知られる米国シカゴのギャラリー「ライトウッド659」。今回紹介する展覧会は、この新生ギャラリーで開催中の『Tetsuya Ishida: Self-Portrait of Other』だ。日本人画家、石田徹也(1973-2005)が生前に描いた約70作品を展示している。

石田の作品に一様に共通するテーマは「日本の現代社会が抱えた不安や孤独」だ。1990年代に日本を襲った「バブル崩壊」が及ぼした、株価や不動産の暴落、大量のリストラ。“失われた10年”と呼ばれる時期に青年期を過ごした石田は、現代人を取りまく不安や孤独、痛みや苦しみといった負の感情、学校教育の問題や管理社会といった社会問題を風刺するかのような作風を、わずか10年という短い芸術家キャリアのなかで築きあげた。同展では、まるで社会のしがらみから抜け出したくても抜け出せないような現代人の苦悩を表す『飛べなくなった人』や、機械のように回収される遺体が印象的な『回収』、満員電車に“箱”のように詰めこまれたサラリーマンを描いた『荷』、逃げ場のなくなった人を表した『トイレへ逃げ込む人』、カウンター席でガソリンスタンドの車のように『燃料補給のような食事』などの代表作がフィーチャーされている。作品のなかの虚ろな表情の男とシュールで異色な世界観は、石田の死後もなお日本国外にも衝撃をあたえている。今年4月にスペインでおこわれた彼の個展では、約30万人もの人々が個展に足を運んだことでも話題になった。

“失われた10年”の混沌を描いた作品群だが、いまを生きる社会人にも手に取るようにわかる社会の喪失感、焦燥感、閉塞感。いまでも多くの人々の日常生活に隣りあわせている社会からの孤立、孤独、不安、アイデンティティ危機は、10年前と変わらず、石田の絵のなかに刻まれている。


{Untitled 2004.jpg}
Tetsuya Ishida, Untitled, 2004
Acrylic and oil on canvas
145.6 x 103 cm
57.3 x 40.6 in
Y++ Wada Fine Arts

Tetsuya Ishida, Taieki [Body Fluids], 2004
45.5 x 53 cm
17.9 x 30 in
LYC

Tetsuya Ishida, Busshoku [Browsing], 1998
Acrylic on board
91 x 116.7 cm
35.8 x 45.9 in
Y ++ Wada Fine Arts

Tetsuya Ishida, Ni [Cargo], 1997
Acrylic on board
103 x 145.6 cm
40.6 x 57.3 in
Y ++ Wada Fine Arts

Tetsuya Ishida, Sesshoku [Contact], 1998
Acrylic on board
91 x 116.7 cm
35.8 x 46 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Konbiniensu Sutoa no Boshi-zō [Convenience Store Mother and Child], 1996
Acrylic on board
145.6 x 103 cm
57.3 x 40.5 in
Hiratsuka Museum of Art

Tetsuya Ishida, Jiko kettei [Decided by Myself], 1999
Oil on panel
103 x 146 cm
40.6 x 57.5 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Tsuawarenaku-natta Biru no Buchō no Isu [Derelict Building Department Dead’s Chair], 1996
Acrylic on board
156 x 170 x 7 cm
61.4 x 66.6 x 2.7 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Kenkō Kigu [Exercise Equipment], 1997
Acrylic on board
103 x 145.6 cm
35.8 x 45.9 in
Y++ Wada Fine Arts

{Gripe (1996).jpg}
Tetsuya Ishida, Guchi [Gripe], 1996
Acrylic on board
74.4 x 57 x 4.8 cm
29.3 x 22.4 x 1.8 in
Collection of Nick Taylor

Tetsuya Ishida, Onshitsu [Hothouse], 2003
Acrylic and oil on canvas
72.7 x 91 cm
28.6 x 35.8 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Tobenaku-natta Hito [Person Who Can No Longer Fly], 1996
Acrylic on board
103 x 145.6 x 3 cm
40.6 x 57.3 x 1.1 in
Shizuoka Prefectural Museum of Art

{Prisoner.jpg}
Tetsuya Ishida, Shūjin [Prisoner], 1999
Acrylic on board
103 x 145.6 cm
40.5 x 57.3 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Zenmō [Pubescence], 2004
Acrylic and oil on canvas
45.5 x 53 cm
17.9 x 20.9 in
Y++ Wada Fine Arts

{Untitled 2001 (2).jpg}
Tetsuya Ishida, Untitled, 2001
Acrylic on canvas
103 x 145.6 cm
40 .6 x 57.3 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Kōkyōbutsu [Public Property], 1999
Acrylic on canvas
45.5 x 53 cm
17.9 x 20.9 in
SCAI The Bathhouse

Tetsuya Ishida, Kaishū [Recalled], 1998
Acrylic on board
145.6 x 206 cm
57.3 x 81.1 in
Collection of Nick Taylor

Tetsuya Ishida, Nenryō Hokyū no yō-na Shokuji [Refuel Meal], 1996
Acrylic on board
145.6 x 206 x 5.8 cm
57.3 x 81.1x 2.3 in
Shizuoka Prefectural Museum of Art

{Untitled 2004 (2).jpg}
Tetsuya Ishida, Untitled, 2004
Acrylic and oil on canvas
91 x 116.7 cm
35.8 x 45.9 in
Private Collection

Tetsuya Ishida, Sūpāmāketto [Supermarket], 1996
Acrylic on board
103 x 145.6 cm
40.5 x 57.3 in
Collection of Nick Taylor

Tetsuya Ishida, Toire e Nigekomu Hito [Toilet Refuge], 1996
Acrylic on board
103 x 145,6 x 3.1 cm
40.6 x 57.3 x 1.2 in
Shizuoka Prefectural Museum of Art


—————
Text by HEAPS
Content Direction & Edit: HEAPS Magazine

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

「男性誌はというと、相変わらずで」。プレイボーイ元編集者と髭剃りブランドが“お金にならないカルチャー誌”をやる大切な理由

「#MeToo」ムーブメント後に、米国で急成長しているウェブマガジンがある。扱うトピックは、おちんちんの話からメンタルヘルス、デジタルカルチャー、政治まで幅広い。そしてその編集長、米男性誌『プレイボーイ』の元編集者だ。探…
All articles loaded
No more articles to load