突き抜けるブラックユーモアが怖いくらい面白い。スペイン漫画家ホアン・コルネラ・ワールドへようこそ

SUNDAY ART SCROLL -リアルタイムで芸術速報/世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。世界の名画から新進気鋭クリエイター最新作まで、各地ギャラリーより「現在展示中(時々、ついこの前まで)」でお届け。
Share
Tweet

今回は、ニューヨーク・チェルシー地区のJosée Bienvenu Gallery(ジョゼ・ ビアンヴニュ・ギャラリー)で現在開催中の特別展「Joan Cornellà: A New York Solo Exhibition(ホアン・コルネラ:ア・ニューヨーク・ソロ・エキシビション)」を紹介。見よ、この真っ黒すぎるブラックユーモアに潔いまでのシュールさ。スペイン・バルセロナ出身の漫画家でイラストレーターのJoan Cornellà (ホアン・コルネラ)が描く6コマ漫画とイラストレーションは、人間の痛いところを突いてくるようでザワザワした気持ちになる。かなりグロテスクなのに引き込まれていく。サザエさん並みに同じ顔のキャラたちのこの笑顔で、残虐さも相殺ってわけか? 
先日、ニューヨークにまだ滞在している多忙なホアン本人をキャッチ。取材に成功したので、インタビュー記事を乞うご期待。

1x160_Bodishi
Joan Cornellà, Bodishi, 2017, Arcylic on canvas, 100 x 160 cm

1x160_Rubbit
Joan Cornellà, Rubbit, 2017, Arcylic on canvas, 100 x 160 cm

60x60_untitled_#63
Joan Cornellà, Untitled #63, 2017, Acrylic on canvas, 60 x 60 cm

60x60_untitled_#66
Joan Cornellà, Untitled #66, 2017, Acrylic on canvas, 60 x 60 cm

100x100_untitled_#39
Joan Cornellà, Untitled #39, 2017, Acrylic on canvas, 100 x 100 cm

「Joan Cornellà: A New York Solo Exhibition」(〜2017年7月30日)
Josée Bienvenu Gallery

▶︎もっとSunday Art Scrollをみる

コンテンポラリーギャラリー「The Hole」にシュールなお顔たち、並ぶ

現代美術の母、ジョージア・オキーフを訪ねて「Brooklyn Museum」特別展

▶︎▶︎週間トップ人気記事

【今週のZINE】「武器はパンクとジン」のライオットガールから20年、若きパンク女子が現代版にアップデート。DIYジン『Women Who Rock! 』

「牛のマスク」で女性を守る。あの根深い社会問題に、報道写真より「シュールな風刺アート」が効くのはなぜか

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load