【今週のZINE】映画ジン『I Love Bad Movies(アイラブ・バッドムービーズ) 』

Share
Tweet

お洒落映画に疲れているあなた、出来の悪いB級映画を見よう

チープでグロテスクでナンセンス。
趣味の悪い所謂はB級、そんな”Bad Movies(バッド・ムービーズ)”がなぜか憎めない、どうしてかそんな映画を愛してしまうという人の心の内がそのままそっくりタイトルになったジン、『I Love Bad Movies 』。

Cover - I Love Bad Movies 6

ブルックリン在住のマットとキセニア夫妻が、知り合いのライターやアーティスト、コメディアン、映画オタクと一緒に作りあげているこの同人誌。
「食」「ラブ、セックス、友情」「子ども向け」「近未来」など各号異なるジャンルで紹介する映画は、あまりにも酷すぎる出来で笑ってしまうと悪評のホラームービー 『Troll 2』(1990年)、カルト的映画として話題となったロマンス映画 『The Room』、エロティックでキッチュなSFファンタジー 『Barbarella』(1962年)など聞いたこともないようなタイトルのB級映画が勢ぞろい。

Troll 2 - I Love Bad Movies 4

だめ〜な映画への愛が、エッセイや写真、イラストを通してどのページからもバシバシと伝わってくるではないか!

Cover - I Love Bad Movies 3
Ladies of the Eighties - I Love Bad Movies 5

作品紹介だけでなく、監督へのインタビューや「B級映画デートの指南」などのコンテンツもあり、れっきとした映画雑誌だ。作者のマットとキセニアが”Good-Bad”と喩えるこのジン、残念ながら現在は夫妻に子どもが生まれたため忙しくなり販売、制作を一時休止中とのことだ。

Death Wish III - I Love Bad Movies 5
Centerfold - I Love Bad Movies 6

ちなみに、彼らのイチオシ・バッドムービーを尋ねてみた。
キセニアお気に入りは、デミ・ムーア主演のコメディ『No Small Affair』(1984年)、
マットの"ベスト悪趣味映画"は、ゴールデンラズベリー賞(アカデミー賞の前夜に決まる最低映画賞)総なめの『Gigli』(2003年)などなど。
今週末は、B級映画について好き勝手コメントする夜もいいかもしれない。

Cover - I Love Bad Movies 5

I LOVE EBAD MOVIES / ilovebadmovies.com

————————
Text by Risa AKita

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load