「ビーガンってどんな生活してんの?」イラストとジョークでゆるりと学習、17歳が作るフレッシュ・ビーガンジン『V for Vegan(ヴィー・フォー・ビーガン)』

Share
Tweet

世界の先進国に比べ、日本ではあまり馴染みのない「ビーガン(菜食主義者)」。卵や乳製品を食べるベジタリアンと違い、動物性食品は一切口にしない。生活全般においても動物由来のもの、たとえば革製品などをできるだけ避けるライフスタイルなのだが。
「ビーガン後進国」ともいわれる日本の民にとって、ビーガンのライフスタイルってなんだか聞こえが小難しい。かくいう筆者もその一人。ビーガンってなんだか取っつきにくい。

 そんな偏りを少なからず持った人のためにあるのが、ビーガンジン『V for Vegan(ヴィー・フォー・ビーガン)』。驚くべきは、作者の若さ。ニュージーランド在住のSusie Kwon(スージー・クォン)ちゃん、弱冠17歳のフレッシュなスクールガールだ。

zc8

「ビーガンでない人、特にティーンや若者に『ビーガンであることはとってもシンプルで楽しいものなんだ』って伝えたいの。それにビーガン初心者へのガイドでもあるわね」

 高校の課題で制作したと語るこのジン、“授業で作りました”なクオリティをはるかに超える出来栄え。ビーガンジョークにクイズ、ビーガンがテーマのドキュメンタリー映画紹介にビーガンセレブリティなど陽気で賑やかな紙面。ビーガンに縁のない人も、身構えせず気軽に読めるからいい。

zc12
zf2

 ジンだけでなく、ビーガンレシピなどの動画コンテンツもユーチューブチャンネルにて配信しているのが、デジタルエイジならでは。ビーガンに対するネガティブな認識や偏りを打破しようという若きパワーが感じられる。

***
『V for Vegan』▶︎

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load