噂好きはついやっちゃう「spill the beans(スピル・ザ・ビーンズ)」/Urban English

Share
Tweet

誰だよ、spill the beans(スピル・ザ・ビーンズ)した裏切り者は…。
今回は、「食べ物」に関するスラングを4つ紹介。

第1問
in a pickle(イン・ア・ピクル)

1. 最高の気分になる
2. 窮地に陥っている
3. 狐につままれた気持ちになる

shutterstock_243858754

正解は、2「窮地に陥っている」

I was in a pickle when I got laid off last year.
昨年会社をクビになったとき、窮地に陥ったよ。

第2問
spill the beans(スピル・ザ・ビーンズ)

1. 秘密を漏らす
2. 早とちりをする
3. バカ騒ぎをする

shutterstock_289679219

正解は、1「秘密を漏らす」

I am mad at her. She spilled the beans about me.
彼女には怒っているわ。私の秘密を漏らしたの。

第3問
work for peanuts(ワーク・フォー・ピーナッツ)

1. 安月給で働く
2. お小遣い稼ぎする
3. 大企業に就職する

shutterstock_284543039

正解は、1「安月給で働く」

I’m not going to work for peanuts.
安月給なら働かないよ。

第4問
cut the cheese(カット・ザ・チーズ)

1. 家飲みをする
2. 大金を使う
3. おならをする

shutterstock_145844981

正解は、3「おならをする」

Oh no, did you just cut the cheese?
やだな、今おならした?

Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load