「アンリ・カルティエ=ブレッソン」インドフォト展

Share
Tweet

今回は、ニューヨークにあるルービン・ミュージアム・オブ・アート(Rubin Museum of Art)で開催中の「Henri Cartier-Bresson:
India in Full Frame(アンリ・カルティエ=ブレッソン:インディア・イン・フル・フレーム)」。
「決定的瞬間」の生みの親でストリートフォトの父、ブレッソンが、1948年、ガンジーを訪ねた時に切り取った「インド」を見る。

PAR18476
©Henri Cartier-Bresson/Magnum Photos
An astrologer’s shop in the mill workers’ quarter of Parel Bombay, Maharashtra, India 1947 35 x 52.5 cm
PAR33887
©Henri Cartier-Bresson/Magnum Photos
Muslim refugee train from Delhi to Lahore, Pakistan, passing through Kuinkshaha station,
Kuinkshaha, North India, India 1947 23.5 x 35 cm

INDIA. Gujarat. Ahmedabad. 1966. In the old town.
©Henri Cartier-Bresson/Magnum Photos
In the old town Ahmedabad, Gujarat, India 1966 35 x 52.5 cm

「Henri Cartier-Bresson:India in Full Frame」(〜2017年9月4日)
Rubin Museum of Art
Share
Tweet
default
 
 
 
 
 

Latest

安息日のブランチも、同性愛への考えも各々の価値観。ユダヤ教女性2人組がインスタから発信する、現代のユダヤ教の本質

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) ユダヤ教には「ラビ」と呼ばれる指導者がいる。律法(…

「自分を僧侶だと名乗ったことはない。ただ僧侶たちと一緒に暮らした」米ミュージシャン・ヒンドゥー教徒の神秘な道

※(取材・執筆は2020年夏となります。当時コロナ禍以降、社会の根本的な価値観が変わりゆく予感のなかで、HEAPS編集部では宗教の現在地についての探究を進めていました) 国内のみならず世界中でもツアーをおこない、スポティ…

「礼拝は“義務”ではなく“神と会話できる機会”」インドネシアから独に渡ったムスリム、異国の地で再確認した神への愛

世界のムスリム人口は約18億人。イスラム教といえば中東のイメージが強いが、実はムスリム(イスラム教信者)が人口の過半数を占める世界最大の国は、インドネシアだ。さまざまな宗教が入り混じるなか、イスラム教を信仰する国民は約8…
All articles loaded
No more articles to load